ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

PARKER パーカー IM プレミアム ボールペン

パソコンやスマホの普及でキーボード入力やフリック入力が増え、字を書く機会が減っている。メモ書きもスマホのエバーノートを使用すれば、フリック入力のほかに手書き入力やタッチペン入力が可能である。

それではペンとノートが全く不要になったかと言えば、そうでもないようだ。会議や打ち合わせで人の話を記録するのは、まだまだペンとノートが主流である。人前でスマホで記録する行為も、まだ許容されていない雰囲気もある。
ペンも昨今大ヒットしたフリクションのほかに書き味の滑らかなインクや手頃な万年筆など様々なバリエーションの安価な商品が出回り、機能的には100円のペンで十分である。

しかし、社会人として多少良いものを持っていたいという気持ちもある。1万円以上の万年筆なんかも有りだが、そこまではという気がする。万年筆も昔より使い易い商品が出ているようだが、価格、取り扱いやすさを考えると、馴染みにくい。

パーカーのローラーボールを持っているが、これは書き味も良く高級感があって良いが、最近は商品アイテムが少ない。そうなるとちょっと良いボールペンが良いかもしれない。ブランドは好みもあるが、パーカーのノック式ボールペンが実用的で価格も比較的手頃でおすすめである。

書き味もボールペンというよりペンという感じの滑らかさで、ボールペンとしては高級感がある。ノック式は実用的であり、何よりもお気に入りのペンを持つと書くことが楽しくなるので、価値はあると思われる。