ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

2CELLOS/チェロの超絶技法演奏

子供が毎週「カウントダウンTV」を録画して観ています。何となく一緒に観ているので、最近のヒット曲も多少は頭に入っています。米津玄師、防弾少年団のほか、おやじ世代としては欅坂、乃木坂、モー娘、TWICEなんかも気になります。昨年は、RADWIMPSSuchmosなんか良かったと思いましたが、流石に「カラスは真っ白」、「ヤバイTシャツ屋さん」と言われても理解に苦しみます。
通勤途中なんかでたまにスマホで音楽でも聴こうと思い、これらのヒット曲を聴いたりしますが、飽きてくると結局、宇多田ヒカルミスチルに戻ってしまいます。さらに遡り稲垣純一や河合その子に行ったり、80年代洋楽のTOTO、PetShopBoysなどを懐かしみ、最後にはSimon&GarfunkelやEagles「HotelCalifornia」に行き着いてしまうというパターンが専らです。
もう少し音質を楽しむことができるジャンルとしてジャズも聴いてみましたが「Take Five」のほかはどうも分かりませんでした。クラシックもピアノの「トルコ行進曲」やバイオリンの「ユモレスク」なんかは良いと思うのですが、他は知識が無いせいかなかなか分かりませんでした。映画音楽は幾つか好きなのがあります。
そんな折りにたまたまYouTubeで見つけてたのが2CELLOS。何でもチェロ演奏家の2人がマイケル・ジャクソンの「スムーズクリミナル」を演奏しYouTubeに投稿したところ人気をはくしデビューしたようです。エレキギターの超早弾き並みの超絶技法でチェロを演奏し、ちょっと懐かしいヒット曲を卓越したアレンジと2人のコンビネーションで聴かせます。
まずマイケル・ジャクソンのこの動画はなかなかインパクトがあります。
「Smooth Criminal」

私の好きな映画音楽の「ティファニーで朝食を」も演奏しています。
「Moon River」

最近の投稿のようですが、やや演出過剰気味ではあるものの、サバイバーのあのヒット曲をチェロで演奏するなんて斬新です。
「Eye of the Tiger

これは意外なガンズ&ローゼズ 。激しいです。
Welcome to the Jungle

これも映画「タイタニック」のお馴染みの音楽。いいです。
「My Heart will Go On」

他にもニルヴァーナU2もあり、懐かしいヒット曲を弦楽器で過激に迫力ある動画でみせてくれます。CDも何枚かあり、デビューCD「2CELLOS」を聴きました。正直、YouTubeの動画の方が迫力があると思いました。チェロ演奏だけではなく、ドラムやオーケストラとのアレンジ次第で良し悪しが左右されるところもあると思います。既にドコモのCMなどで人気があり、日本ツアーも敢行したようなので、今更のようですが、ちょっと新しい発見をしたようで、音楽の幅が少し広がった気がします。