ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

札幌モーターショー

2018年1月19日(金)~21日(日)に札幌ドームで開催された札幌モーターショー2018で印象的だったクルマを挙げます。

まず、フェラーリ。やっぱりイタリアンスーパーカーが来ると雰囲気が盛り上がります。

f:id:xvvx:20180122230645j:plain

同じくイタリアのマセラティです。

f:id:xvvx:20180122225327j:plain

お次はランボルギーニ。お姉さんが艶やかさを際だたせていて、カメラ片手の紳士諸君が沢山集まっていました。

f:id:xvvx:20180122225220j:plain

アウディR8もあります。

f:id:xvvx:20180122231147j:plain

ポルシェ911

f:id:xvvx:20180122233107j:plain

実物が良かったのがBMWのi8。こちらは柵もなく運転席に乗車可能で人だかりができていました。

f:id:xvvx:20180122225617j:plain

コンセプトカーなるものは大抵関心が無いものですが、スバルのコンセプトカーは、格好良かった。

f:id:xvvx:20180122225433j:plain

ニッサンGT-Rはやっぱり人気があります。

f:id:xvvx:20180122233029j:plain

実物を見て最も格好イイと思ったのがホンダNSX。日本車のデザインも欧州車に負けていないと思いました。

f:id:xvvx:20180122225840j:plain

今回レアもので目を引いたのがランボルギーニ・ミウラ。地元の販売店の出展です。

f:id:xvvx:20180122231037j:plain

札幌モーターショーは、2012年から隔年で開催されていますが、入場者数は、初めての2012年が12.5万人と最も多く、その後は毎回1万人ずつ減少し、今回は9.6万人だったそうです。会場は盛り上がっていたと思いますが、そう言われると初回のワクワク感は回を重ねて少しずつ薄らいだかもしれないのは、残念感があります。意外とオートバイの展示も充実していてちょっと惹かれました。これまで毎回欠かさず見に行っていますので、これからも続いてほしいです。個人的には、札幌オートサロンも開催されるといいなと思っています。