読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

「スマホでアップルに負けてるマイクロソフトの業績が絶好調な件」を読みました。

最近、Windows10レノボideapad300Sを購入したことと(レノボ(renovo)ideapad300S購入 - ベストチョイスシンドローム)、「闘うプログラマー」を読んだこともあり(「闘うプログラマー」を読みました。 - ベストチョイスシンドローム)、個人的にマイクロソフトへの関心が高まっている。デジタルデバイスとして、パソコンからスマホへ世の中が転換した中で、マイクロソフトの方向性に興味が沸くところ、店頭で「スマホでアップルに負けてるマイクロソフトの業績が絶好調な件」というストレートなタイトルの本を見かけたので買ってみた。 買う前に何となく内容が想像つくと思ったが、ある意味思った通りの内容で、色々な情報があって面白かった。全体の調子としては、マイクロソフト頑張れという感じで、Windowsでプログラム開発に従事していた作者のマイクロソフトへの思いが感じられる。 2015年に書かれた本と言うこともあり、メインの内容はWindows8の失敗である。あのタイル式インターフェースに既存のユーザーが抵抗感を持ち、Windows8.1で修正されたとは言え、ダメージがあった。 もう一つの内容は、スマホへのマイクロソフトの対応の遅れである。タイトルの通りアップルのiphoneの急伸と、Androidの普及に、Windowsが出遅れていること。PCからスマホへの潮流を読み違えたかという懸念がある。 あとは、Windows10が発表され、OS基盤が確立される目途で立ったところで、今後、マイクロソフトがどのような展開となるかが述べられている。いよいよスマホで巻き返しを図り、インターネットを含めたアプリケーション統合を果たすことができるか否かというところである。 本書では、アップルはハードウェア、グーグルはネット広告という収益の柱があるのに対して、マイクロソフトはソフトウェア販売で収益をあげなければならないことが言及されている。無料アプリが溢れている中で、今後もマイクロソフトがユーザーにソフトウェアを購入してもらうビジネスが続くのかを考えると分からないところである。 個人的には、スマホ全盛の中にあっても、結局必要なアプリは、ブラウザ、メール、マップ、カレンダー、メモ記録、音楽、動画などだと思う。現在は、Gmail、エバーノート、グーグルマップが幅を利かせているが、Edge(又はIE)、Outlook、マップ(MSは未だ頼りないが)、OneNote(同期に時間がかかるがOneNote(ワンノート)への転向を諦めEvernote(エバーノート)を継続 - ベストチョイスシンドローム)で代替え可能と思われる。そう思えば、PCで普及しているWindowsベースのスマホの普及の余地はあると勝手に思っている。特に、ビジネスでは圧倒的にWord、ExcelPowerPointが普及してのだから、スマホとノートパソコンを統合したいという潜在的なニーズはあると思う。 個人的に今後のマイクロソフトに望みたいことは、スマホとノートパソコンの融合化によるWindows10&MSOfficeのモバイル利用の実用化。 現在、ソニーVAIOシリーズのWindows10スマホは、5.5インチでMSOfficeも搭載されている。また、富士通の高スペックのWindowsPhoneがあるし、Freetelの廉価版のWindowsPhone、KATANA01・02など僅かながらWindowsスマホはあるが、普及が遅れている。 以下は個人的な妄想だが、Windowsノートパソコンと同スペックのスマホ(SIM入り)を何とかディスプレイ5.5インチで29,800円程度で販売してほしい。オプション付属品として感度の良いBluetoothキーボードをラインアップする。この時、重要なのは、MSOfficeは、OfficeモバイルやOffice365ではなく、MSOfficeHome&Businessのフルスペック版として、ノートパソコンと同様に取り扱えること。これまで、モバイル版は、簡易な機能のみで、結局、閲覧用しか使えないと見做され、普及に至らなかった。スマホもノートパソコン並みのスペックとなってきたので(RAM2GB、メモリ64GB程度)Windows10もフルで装備して、職場のパソコンと同等に扱えることが必須。中途半端なWindowsは普及しないことになると思う。 更に同スペックの7インチタブレットと10インチタブレットを34,800円くらいで販売し、スマホタブレットをラインアップし、ノートパソコンは、サーフェスタブレットスマホは〇〇と整理されると分かりやすい。〇〇は、レノボなどのメーカーと提携したい。 とにかく仕事でなじんでいるMS。個人的には一時はGoogleがよいと思ったこともあるが、Googleスプレッドシートやドキュメントの機能が、思ったほど発展せずに、取り敢えず的な使用から脱しきれないところをみると、最近はMSで統一したくなってきた。 勝手な妄想なので、無視していただきたいです。 ただ、ゲームアプリを使用する人は、GooglePlayが必要かもしれないが、そうでなければMSストアでも問題ないと思います。