読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

Windows8.1特有の起動異常発生(コード0xc0000034)

Windows10のレノボのノートパソコンIDEAPAD300S(80KU0012JP)を購入しました。このパソコンは、MSOffice2013が搭載されているので元々はWindows8.1なのではないかと思っています。このノートパソコンの評価は、そのうち詳細に記すとして、満足して使っています。久しぶりのノートパソコンなので、いろいろ設定して楽しんでいたのですが、ある時、何の前触れもなくWindowsが起動しなくなりました。

起動画面がブルースクリーンになり、エラーコード「0xc0000034」が表示されます。これまでも、Windows7などで起動時にエラーが発生し、セーフモードで何とか起動したなんてことは、何度かありましたから、再起動でセーフモードで何とか切り抜けることができるだろうと甘く見ていました。ところが、何度やってもエラーコード「0xc0000034」が繰り返され、マズイ気がしてきました。もう一台のパソコンでいろいろ調べましたが、あまりこの「0xc0000034」について、記事がなかったのですが、親切なホームページに辿り着きました。

どうやら、ブースト時に何らかの原因でBCDストアが壊れることがあり、それが、このエラーの原因とのことです。全く訳がわかりませんが、いちばんの対応策は、USB回復ドライブなどで起動するとのことです。しかしながら、起動エラーを甘く見ていた私は、当然、USB回復ドライブなど作成しておりません。これは、困ったことになりましたが、もう一台のパソコンでUSB回復ドライブを作成してみました。適当な空き容量のUSBメモリがなかったので、試しにSDカードでやってみたのですが、当然ダメでした。わざわざカインズでUSBメモリ16GBを買いに行き、やりましたが、これも、なかなか上手く作成できずに、時間を要しましたが、何とかUSB回復ドライブを作成しました。

USBメモリから起動すると何とか起動することができました。ホームページによるとこの後、BCDストアを回復するおまじない(bootrec/XXXXXXXXX)と入力するとのこと。やってみると、見事に回復して、正常に起動するようになりました。いや~、パソコントラブルでこれほど焦ったのは久しぶりでした。どっと疲れました。

今一つ人気のなかったWindows8シリーズ。一部に特有に発生しているエラーのようなのですが、これでは、タイル式画面操作云々以前に、困ってしまいます。これに懲りて、正常起動後に、真っ先にリカバリUSBを改めて作成しました。パソコンは進化しても、複雑化するOSのトラブルは、Windows95同様になくならないようです。「闘うプログラマー」を読んだので、OS開発は大変だということで、よい勉強になったということで収めたいと思います。
xvvx.hatenablog.jp