ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

目新しいブラウザvivaldy

これまでインターネットブラウザはインターネットエクスプローラー(IE)を使ってきました。操作にも慣れていて、ブックマークも使い易く、普通にネットサーフィンするには不自由ないです。唯一、特別な操作としてEvernoteへのページクリップがありますが、これも拡張機能で対応できます。
インターネットをベッコアメで使っていた黎明期には、箱に入った「インターネットin a box」というソフトウェアを購入して、「Air Moaic」というブラウザを使っていたことがあります。
一時、グーグルのクロームを使ってみましたが、ブックマークがツールバーのボタン表示が基本で、リスト型で表示されないことや、印刷ボタンがワンアクションでできないことなどから、否定的なイメージが定着してしまいました。
スマホではどうしているかというと、比較的インターネットエクスプローラーに操作性が近く、早期にフラッシュ表示ができるようになっていたドルフィンブラウザを使用しています。他のブラウザのアプリも試しましたが、フラッシュ表示ができないことと、ブックマーク操作がしっくりこなくて使いませんでした。
新しいパソコンでは、マイクロソフトのEdgeを使用しています。設定もある程度できますが、インターネットエクスプローラーの方が、カスタムし易い感じがするのと、思ったほど動きがスムーズでは無い気がします。それでも新しいWindows10はマイクロソフト仕様にと思っているので、Edgeを使用しています。
日経ビジネスオンラインをみていると、クロームベースの新しいブラウザvivaldyのことが記されていたので、試しに古いパソコンにダウンロードしてみました。ブックマークも分かりやすく、カスタムもし易いので、気分転換にはいいかなあと思いました。ブックマークの位置を変更できたり、Webパネルという小さな窓が表示できて、Webを閲覧しながら常時ブックマークや他のWebページの左端を表示できるので、面白いです。Evernoteクリッパーも問題ありません。拡張機能は、グーグルクロームと同じようなのですが、例えばグーグルカレンダーを加えてみましたが、ID、パスワードを入れても機能しませんでした。クロームとの互換性はやや制限がある印象です。よく考えると凄く優れた機能は無いような気がしますが、古いパソコンでは、使ってみようと思っています。