読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

大阪府交付金による半額USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)ツアーに申し込みました。

家族旅行では、2年前のハワイ旅行を含め、沖縄、関西、関東などに行っている。ただ、ディズニーランドなどのテーマパークには家族では行ったことがない。妻がジェットコースターなどの乗り物が苦手なことと、息子2人が、メルヘン不要みたいなところがあるためである。ディズニー作品をあまり観ていないこともあり、ディズニーランドは、ディズニーキャラクターを見て、乗り物に並んで疲れて終わりみたいなイメージがあり、息子達もそれなら釣りに行った方がいいみたいなことを言う。関東でも横須賀の軍港クルーズ(横須賀の軍港クルーズに行きました。 - つまらない日記)や霞ヶ浦のアメナマ釣り(霞ヶ浦でアメナマ(アメリカナマズ)フィッシング - つまらない日記)に興じているマニアックな輩なのだ。

ユニバーサルスタジオジャパンもどちらかというと同様なのだが、ハリーポッターができてから関心は高まった。ハリーポッターシリーズは、息子達も映画館かレンタルで全作品を観ており、原作も全て家にある。私も昔アメリカ西海岸に旅行に行った時にハリウッドのユニバーサルスタジオに行ったことがある。ジュラシックパーク・ザ・ライドで水を被った経験があるので、USJ行きたいねという話は家族でしていた。ただ、調べてみるとUSJハリーポッターは、USJの入場券とは別に入場制限があり、混雑時には入場が確約できないらしいことが判った。遠方からUSJに行くのに入場できるかどうか確約できないのであれば行くことができない。一層のこと、ハリーポッター予約入場券を別に販売してくれればよいのに、そうなってはいないようだ。ホームページでみても、その辺りがどうもはっきりしない。そして調べていくとJTBのツアーならハリーポッター入場の確約付きとの結論に至る。格安航空券とビジネスホテルでUSJに行こうという目論見は、これで無くなってしまった。

テーマパークのツアーは、価格がやや高い。オフィシャルホテルとなると尚更で、余程閑散期の安い時期でなければ、費用的に家族4人となると遠のいてしまう。というかそこまでして行かなくてもよいと思ってしまう。私も仕事が忙しく、長男も部活が忙しいので、平日に行くのは1日が限界と思われる。そんな時に新聞記事に掲載されたのが国の「地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金」を活用した、大阪府のふるさと割「おおさか魅力満喫キャンペーン」の対象商品として、エースJTB「大阪とユニバーサル・スタジオ・ジャパンへの旅」を2015年9月18日(金)に発売するという記事。交付金により半額になるという。

迷う私を尻目に決断力のある妻は予約開始日に電話で予約した。日程は、仕事と部活の塩梅をみて11月末の土・日・月に定めた。JTBのホームページをみると首都圏出発のツアーはネット予約可能だが、それ以外はJTBの店舗で予約購入するとのこと。土曜日に一番近い小規模の店舗に行くと非常に混んでいた。秋の行楽シーズンだから混んでいるのかと思ったが、聞いているとUSJツアーの客が大半のようだった。結局2時間半待たされた。

オフィシャルホテルも既に土日は満室が多く、家族4人でツインを2室とるために若干高いホテルユニバーサルポートのスーペリアツインとなった。旅行では宿と飯はケチると思い出が霞んでしまうので、半額ならと決めた。手続きも何だかんだ時間を要し、待ち時間を含めると計3時間以上かかった。相当な反響ということだ。新聞などのメディアに大きく取り扱われたのも大きいと思う。全国でプレミアム商品券が人気を博しているようだが、USJJTBという特定の会社を対象にして交付金を設定するのはやりずらい面もあるだろうが、二泊三日で大阪に行き1日半のUSJ入場券となれば1日は大阪観光をすることになる。そうすれば何らかの経済効果に繋がるだろう。

前に海遊館大阪城に行ったので、一層のことリバティ大阪にでも行ってみようと思ったが、営業時間が短くスケジュール上無理なので、ほかにツアーで紹介されている観光施設に行こうと考えている。結局、高いのか安いのかよく分からない処もあるが、我が家としてはちょうどよいタイミングの企画で上手くのったという感じである。