読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

劇場版「進撃の巨人」後編~自由の翼~を映画館で観ました。

劇場版「進撃の巨人」後編~自由の翼~を小6の次男と観た。今、話題の8/1公開の実写版ではなく、アニメ版の後編である。7月末までの上映であるが、あまり宣伝されていなく、上映館も少なく、上映も1日2回のみであった。

お客はまずまずいたが、男子が多いと思っていたが、意外と若い女性やカップルが多いんだと思った。劇場版「進撃の巨人」前編は、レンタルで借りて観ていた。また、テレビアニメ版もレンタルで借りて観ていたので、 劇場版「進撃の巨人」後編のストーリーも粗方分かっていた。

まずまず面白かったが、正直、途中で少し寝てしまった。テレビアニメ版を観ていたのでストーリーも映像も観たことがあるからだと思う。あと後編について思うのは、「女型の巨人のところが長過ぎる」ということ。女型の巨人の登場は、その正体からもストーリーの上では大事なのは判る気がするが、一部の巨人の正体が判明する後半のストーリー展開は、少し不満に思っている。

進撃の巨人」は、巨人の正体や発生源も謎に包まれたままストーリーが始まることで、読者を引き付けているところがあると思う。あまり巨人の正体にミソをつけると、人間vs.巨人の緊迫感が薄れてしまうような気がする。初めのストーリー展開が予測不能で面白かったが、これからのストーリー展開は、楽しみであり不安でもある。

実写版進撃の巨人も映画館に見に行く予定で前売り券も購入した。初めて4DXで鑑賞しようと思っており、結構期待している。