ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

霞ヶ浦でアメナマ(アメリカナマズ)フィッシング

中2と小6の息子と霞ヶ浦で初めて釣りをした。岸に沿ってある細い道路をクルマで走りながら、水門のある場所を中心に何カ所か入ってみた。バス狙いでルアーを引いたがなかなかアタリがない。それで試しに前日に印旛沼に釣行した時に購入したミミズが残っていたので、ハリにつけてブッ込んでみた。するとアタリがあり、何か魚が跳ねたがかからなかった。それで一斉にミミズのエサ釣りに方針変更した。

するとアタリが出始めた。息子達に2~3回アタリがあるが、掛からず逃してしまう。その後、漸くヒットしたが、手前まで寄せ糸を手繰って取り込もうとしたところ糸が切られてしまった。それで次のヒットの時は海釣り用のタモ網を使って慎重に取り込んだ魚がコレ。

f:id:tthtty:20150506043305j:image:w200
アメリカナマズ。通称アメナマ76cm。)

う~ん、デカい。世間一般ではアメナマは外道で釣り人から嫌悪されているようだが、息子達は強烈なヒキに魅了され、アメナマ釣りにターゲットを定め釣り始めた。仕掛けは、リール竿にハリとサルカンとオモリに玉ウキを付けたウキ釣り仕掛け。エサはミミズ。その後4匹釣った。

f:id:tthtty:20150506042827j:image:w200
(アメナマ55cm)

淡水でこれだけの大物を釣ることは他ではなかなか無いので、息子達はすっかりアメナマ釣りをハマってしまったようだ。かかってから左右に引き込みジャンプするので取り込むまでに3分くらいはかかる。ブラックバスやフナ、コイ釣りからみると外道だが、子供達には関係ないようだ。

この外来魚。これだけ釣れてしまうのだから、霞ヶ浦の生態系にさぞ悪影響があるだろう。困ったものだが、純粋な釣りのターゲットとしてみると初心者には、良いかもしれない。