読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

富士通ゼネラルの冷蔵庫ER-V43AFが壊れてシャープの冷蔵庫SJ-XF47Y-Tに買い換えました。


冷蔵庫が突然壊れた。15年前に購入した富士通ゼネラルの冷蔵庫ER-V43AFを特に不満もなく使用していた。先日、液晶表示にエラーコードE001と表示され上の横開きドアの室内の冷蔵が止まった。これは、もう寿命だろうと思ったが、一応メーカーに電話で問い合わせてみたところ、部品在庫もなく、装置の交換で約2万円だが直るかどうか分からない。全面修理で5万円程との予想通りの回答。15年経過するのでこれは買い換えるしかないとの結論になった。

ところで冷蔵庫が壊れるということは、食品の保存ができなくなるということである。既に冷蔵庫に保存していた食料品は刻々と傷み早期に処理しなければならない。ヨーグルトや飲料などは急遽家族全員で多めに食し在庫処理を進めた。一方、食材を保存できないため、週末の食品スーパーの買いだめもままならず、大変不便であることを実感した。昭和の高度成長期に三種の神器として冷蔵庫が普及するまで、冷蔵庫無しで人々が暮らしていたのかと思いを馳せてしまった。

しかし、思いを馳せる間にも早く新しい冷蔵庫を購入する必要がある。最近仕事も忙しいが、家庭でも新たな仕事ができたので面倒だなというのが正直なところである。普通我が家では十万円相当の大きな買い物は時間をかけて調査し、ベストチョイスを目指すのだが、今回は1~2日で決着を付けなければならない。

早速、価格.comで調べることにした。今回は、主に妻が使用するものなので、その要求定義が次の点であることを確認した。
・サイズは現行425ℓより大きいこと
・ドアは冷気保持と利便性の観点から観音開き
・省エネ効果の高いもの(現行年間電気料8520円)
・価格は十万円程度
・幅は現状サイズの65cm以下

これだけ条件があれば、絞り込みし易い。冷蔵庫の価格は400ℓ以上でも10万円以下であると思っていたが、調べてみると11万円以上はする感じであり、15~20万円の商品も多い。とにかくできるだけ安いに越したことはないが、今回は急ぐことと、商品特性上、古い冷蔵庫の引き取りと新しい冷蔵庫の設置作業が必要となるので、単に安ければ良いという訳にはいかない。

価格.comでは一部10万円以下の安い通販業者もあったが、送料が不明だったり、設置の手配や日程が分かりずらいショップは避けた。それで2~3時間パソコンとスマホで情報収集して決めたのが次の商品である。

シャープ SJ-XF47Y-T (色:ブラウン)
・6ドア冷蔵庫 (465L) 
・幅650x高さ1820x奥行705
・年間消費電力220 kWh(年間電気料5940円)
・総支払額 130,248円(引取料6264円含む。設置料・送料無料。ポイント1240円。)

家電量販店のアウトレット品をネット購入した。消費電力はかなり低いレベルのようだ。プラズマ機能や透明製氷機能などを備え、観音開きの冷蔵庫で良さそうである。ただ設置まで3日かかるそうで、その間は待つこととする。ちょっと予算オーバー気味だが、リーズナブルな商品と思われ、早めに決着が付いて良かった。

富士通ゼネラルの冷蔵庫は、これまで15年も動いていたのだから、これは寿命を全うしたといえよう。冷蔵庫も変わり、ちょっと心機一転したいところである。