ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

J.PRESSブレザーの金ボタンを取り変えてジャケット風にしてみた。

先に長財布のことを記したが(「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?」を読みました。 - つまらない日記)、その時、長財布をポケットに入れるためにはジャケットなどが必要と思われた。しかし、普段カジュアルでジャケットなどを着るのは、どうも苦手なので、長財布も諦めることとした。特にこれから夏になると、普段着はポロシャツやTシャツになるので、洒落て夏用ジャケットを着るなんて、柄でもなく無理だと思った。

しかし、最近ジャケットがどうも気になってユニクロなどを見てもジャケットに目が行ってしまう。っていうか、最近ジャケット多いんじゃないか。ジャケットが流行っているのかと勘ぐりたくなるほどだ。特にこれから着ることができるような薄手のグレー系のジャケットが目に付く。安いものだと五千円以下であり、ファッション市場「サンキ」では、998円のジャケットが売っていた。(ファッション市場「サンキ」に行きました。 - つまらない日記

しかし、ジャケットを買っても結局着ることが無いだろうと思うと、買っても無駄になると予想され、かと言ってあまり安物を買うと却って着なくなるような気もして、なかなか購入できなかった。そんな時、部屋で偶々妻とジャケットの話をしていると部屋のクローゼットにブレザーが有ることを思い出した。

f:id:tthtty:20150410234726j:image:w200
(暫く着ていないブレザー)

このブレザーは独身時代の20年近く前に購入したもので、一時は通勤で着ていたこともあったが、職場はスーツでみたいなお達しが有ったこともあり、殆ど着ることがなかった。このブレザーは、J.PRESSのブレザーで3~4万円くらいした記憶がある。

f:id:tthtty:20150410234823j:image:w200
(J.PRESSのブレザー)

今から20年ちょっと前に紺ブレが流行った時代がおり、その前後はブレザーもよく見かけたが、最近は仕事でも見ることが減ったような気がする。それで着ることも無くなっていた。また、普段着として着るにも、どうにもアイビー系みたいなイメージがあり、気軽に着ることができなかった。

f:id:tthtty:20150410234937j:image:w200
(J.PRESSオーセンティックモデル)

ただ、ジャケットが気になる現在、ブレザーをクローゼットから出してみたところ、これはその辺の安物ジャケットと比べると、相当良いものなので、何とか使えないかと閃いた。ジャケットと意識する余り、目の前のブレザーを見逃していた。このブレザーをそのままジャケット風に着れば良いのだが、どうにも金ボタンが気になってしまう。

f:id:tthtty:20150410234849j:image:w200
(由緒ある金ボタン)

この金ボタンの存在は大きく、アイビー系みたいなイメージが強調される気がする。すると妻がボタンを付け替えてみたらどうかと言った。なる程普通の黒っぽいボタンに付け替えればジャケット風に着やすくなるかも知れない。発想の転換である。それはいいアイデアということで妻が家に有ったそれっぽいボタンに付け替えてくれた。

f:id:tthtty:20150410235040j:image:w200
(ボタンを付け替えたJ.PRESSブレザー)

付け替えてみるとイメージ一新。極めて普通っぽい黒いジャケットにみえる。ちょっと普通すぎる?感じである。

f:id:tthtty:20150410235124j:image:w200
(ジャケット風。中身はブレザー。)

J.PRESS好きな人からみると、これは邪道と思われる。J.PRESSブレザーの証である折角の金ボタンを外してしまうと価値が下がってしまう。しかし、この普通さが普段着として使えると思えた。

f:id:tthtty:20150410235408j:image:w200
(付け替えたボタン)

これから普段着カジュアルとして、長袖の上に着てみることにする。しかも安物ではなくブランドモノなので納得感、満足感も高い。お金をかけずにファッションの幅が広まったようで、得した気分である。よく考えるとブレザーとジャケットの違いは、ボタンが金属系か否かのイメージの違いが大きいような気がして、実は見た目はあまり変わらないのではないかと思った。でもボタン一つで随分イメージが変わるものである。