ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

映画「ゴジラ(GODZILLA)」 と「猿の惑星:新世紀」を観ました。

ゲオでブルーレイを借りて映画を観た。先日「フューリー」を観た(映画「フューリー」をレンタルで観ました。 - つまらない日記)のだが、子供達と映画館に観に行こうか検討して行かなかった映画があり気になっていた。 「ゴジラGODZILLA )」と「猿の惑星: 新世紀 」である。特にゴジラは、映画館で観ると迫力があるだろうし、日本の名作をベースにした作品なので、現代の子供も一度観てみた方がよいだろうという思いもあった。 幼少の頃、映画館にゴジラ.VS.モスラを観に行った記憶がある。

ところが、私が古いウルトラマンウルトラセブンの番組などを観ていると、息子達が「怪獣有り得ない」みたいなことを言うので、ウルトラマン世代の父親としては、少々寂しく感じる。確かに怪獣が出てきてウルトラマンがお決まりのパターンで怪獣を倒すというのは、「進撃の巨人」世代の現代っ子からみると単純に見えるようだ。

ゴジラについても、息子達があまり関心を示さないので、映画館には行かなかった。一方、「猿の惑星:新世紀」は、以前観たオリジナル「猿の惑星」をテレビで観た時に、そのエンディングに息子達も少々衝撃を受けたようで関心は有ったのだが、お決まりのわざわざ映画館に行かなくてもレンタルでいいかということで、見送ることにした。

さて、映画の内容は、どちらも想定した展開で悪くはなかった。ただ途中ちょっと長く感じたので、今ひとつ感はあった。「ゴジラ」は流石に画面が暗すぎてよく判らないシーンや、怪獣同士の戦いの展開と決着がよく分からなかった。しかし、日本、ハワイ、アメリカ西海岸へとパニックが展開し、米軍が対抗する展開は迫力があった。

猿の惑星」は、やや猿(Ape)と人間は信頼し理解できるのかというテーマに重きを置きすぎた感はあるが、猿の攻撃シーンの映像は迫力があった。いずれも3.8点/5.0点という感じの評価であった。共に名作を引き継いだ作品なので、どうしても辛口に評価されてしまうところはあるかもしれない。