読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

スマホの電話番号を引き継ぎ月額1,800円で2GBデータ使用可能な「OCN モバイル ONE 音声対応SIMカード」

世の中の景気に関わらず先が見えないこの世の中、お金を節約して貯蓄により将来に備えたいと思っている。節約するために家計費を適宜見直しているが、必要なものはそれなりに揃えるとして、あらかた無駄は無いようにしているが、どうしても引っかかるのがスマホ料金である。ドコモのスマホのパケ・ホーダイライトで月3GBまで4900円のメニューとしているが、月額6千円程になる。2年間契約として端末料金は月々サービス割で実質無料としているが、年間7万円余りの出費は大きい。

スマホSIMフリーの格安料金がアマゾンやイオン、ビックカメラなどから出てきて前から気になってはいるが、月のデータ量の制限のほかに、電話番号を変更しなければならないことが引っかかっている。1年前にドコモの2年契約が切れた時、SIMフリーの導入を検討したが当時はまだ1日数MB程度の商品しかなかったことと、使用していたスマホ(FO5D)のバッテリーの持ちが悪すぎて、もう使用できないと思っていた時に、F06Eが月々サポート割で実質端末料金無料で機種変更できることが店頭で分かって衝動買いした。

今度は、SIMフリーにしようかと思うのだが、SIMフリーの場合、LINE等のネット電話以外に固定電話、携帯電話に電話したい時は050-の電話に加入するのが一般的のようだ。ドコモを離れSIMフリーに変更するとなると、約20年間使用している電話番号を変更しなければならない。電話番号は、仕事では職場内程度しか周知していないし、その他も限られた昔からの友人や親類程度しか周知していないが、変更したことを知らせることが面倒なので抵抗がある。

そんな折、我が家が加入しているプロバイOCNOCN光の新料金メニューの案内をホームページで観ていると、NTTコミュニケーションズNTTドコモLTE網に対応した「OCN モバイル ONE」において、回線交換による音声通話に対応した「音声対応SIMカード」が発売されていることを知った。

「音声対応SIMカード」の料金は、データ通信容量が1日70MBのプランで月額1600円、1日100MBのプランで月額2080円、月間2GBのプランで月額1800円。月間4GBのプランで月額2150円と、通常の「OCN モバイル ONE」に月額700円を加えた形になっている。

ここまでは、電話のできるSIMフリーカードというだけのことだが、「音声対応SIMカード」のよいところは、MNPに対応し、現在のドコモの電話番号を変更することなく加入できるところである。国際通話、国際ローミングもサポートされているそうだ。

これなら電話番号を変えずにデータ量を現行の3GB/月とそう変わらずに、スマホ料金を現在の月6千円から2千円に劇的に負担を軽減できる。すぐにでも転向したいが、まだドコモの2年契約の1年経過後程度なので、端末精算料金が高くついてしまうだろう。2年契約が切れる1年後に検討したいが、20年続いたドコモとお別れするもの少々寂しい気がする。