読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

2015冬釣果報告 ワカサギ釣りもキャッチ&リリース

今年初のワカサギ釣りに行った。仕事が忙しく土日も仕事をしているが、ひと月に1日くらいは休日を取ろうと思い釣行した。息子達も大きくなり、何処に行くのも面倒くさがるようになったが、唯一ワカサギ釣りだけは、やる気旺盛で言われなくても前日から準備を整え、朝も5時に起きてくる。今年の初売りで、ワカサギ釣り用テントも新調したので(ワカサギ釣り用テントを買いました。 - つまらない日記)道具は揃っている。朝6時に家を出発した。

f:id:tthtty:20150201091412j:image:w300
(ワカサギ釣りポイント)

アイスドリルで穴を開け、テントを設営し釣りスタート。始めて2人で2時間程で150匹ほどの入れ食い状態。私は5匹釣ってからは、日頃の仕事の疲れを癒すためクルマで休憩。

f:id:tthtty:20150201091552j:image:w300
ワカサギ穴釣り

その後、ややペースは落ちたが結局朝6時半から12時半までの6時間で322匹の釣果。

f:id:tthtty:20150201112825j:image:w300
(朝から二人で322匹の釣果)

例年釣ったワカサギは、家に持ち帰りカリカリのフライにして塩を振りかけ食べるのだが、100匹以上持ち帰ってフライにしても、息子達もそれ程沢山食べる訳でもなく、妻も特に喜ばないので、私が何とか食べている状況である。今回は、弱っている54匹のみを持ち帰り、残り268匹は穴釣りの穴から返した。

f:id:tthtty:20150202060430j:image:w300
(氷すくい網でワカサギを数えながらすくい氷穴にリリース)

f:id:tthtty:20150201214617j:image:w300
(持ち帰りとなってしまったワカサギくん)

ワカサギのキャッチ&リリースは、ちょっと珍しいかもしれない。我が家は、海釣りでも釣った魚をあまり食べないので息子達も納得である。家に帰ってフライにして食べたが、このくらいの量が美味しく食べることができる適量だと思った。