読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

スタッドレスタイヤ「ブリザック revo GZ」を買いました。

以前に夏タイヤを購入したことを記したが(夏タイヤをハンコック社製に買い換えました。 - つまらない日記)、冬のスタッドレスタイヤは、現在のクルマを購入してから5年を経過しているが購入せずに冬シーズンを迎えた。来シーズン前の今年の秋頃にでも購入する予定でいたが、年数が経過しているので性能面でやや不安があったので、慎重に運転するつもりでいた。

夏タイヤは、性能より価格重視でイエローハットでハンコック社製のゼトロC4をアルミホイールセットで44000円程で購入した。昨年運転している中ではゼトロC4で特に不満を感じることは無かった。しかし、スタッドレスタイヤとなると、凍結路面も多い環境なので性能重視で国産のタイヤメーカーのものにしようと思っていた。

これまでスタッドレスタイヤは、ブリヂストンのブリザックを使用してきた。スタッドレスタイヤが出回り始めた頃は、性能面のブリザックの評価が高く他社のスタッドレスタイヤとは性能面の差があったかもしれない。しかし、ブリザックは他社より価格が高いのがネックである。昨今、ブリザックと他社との性能面の差も少ないだろうと思い、今年の買い替え時には、ブリヂストンのブリザック以外のスタッドレスタイヤを購入しようと考えていた。

この年明けにカー用品店の前をクルマで偶々通ったところ、タイヤセール中の看板を見かけた。初売りで冬タイヤが安いかもしれないとちょっと覗いてみた。すると195/65R15のダンロップスタッドレスタイヤが黒系の渋めのアルミホイールとのセットで売っていた。年始のセールということで旧アルミホイールを5千円で買い取り、店頭価格から4千円値引きし、更に購入額の1割の商品券プレゼント分をその場で値引きするとのことだった。ブリザックではないが、相当な値引きとアルミホイールの渋さから惹かれる商品である。

f:id:tthtty:20150108053643j:image:w200
(黒系の渋めのアルミホイール

しかし、クルマがスバルのインプレッサというと、このホイールは使えないから別のホイールとなると4千円値引きはできなくなるとのこと。夏タイヤを購入した時も困ったが、スバル車のホイール問題である。スバル車だけホイールナットの形状が異なるのでホイールの適合を確認しなければならない。それで諦めかけたが、アルミホイールのデザインが渋かったことと、それでも安いと思われたので話を続けた。

実は夏タイヤを購入した時に、アルミホイールセットにしたのは良いが、購入したホイールが見た目が少々安っぽく見えるホイールであったので後悔した。それで、ホイールも5年以上使用するものなので多少高くなっても良いものにしようと我が家では話し合っていた。店員さんが在庫を調べると同じ型のホイールでスバル車に適合するものが在庫であると判った。

f:id:tthtty:20140413171129j:image:w160
夏タイヤアルミホイール

それで今まで長年ブリザックを使用してきたのだが、ダンロップはどうだろうみたいな話をすると店員さんは、ブリザック使用者にはブリザックをお薦めしているとのこと。理由は3年経過後の効きがブリザックと差が出ることと、ブリザック信仰者は心理的に他社のスタッドレスタイヤに不安があるので、一度道路で滑るとブリザックを購入しなかったことを後悔しがちとのこと。

折角安く買おうと決めていたのにこう説明されると少々考えてしまった。それでブリザックとダンロップの価格差を聞くと11000円程度とのこと。5年以上使用するつもりなのでブリザックにすることにした。ブリザックGZをアルミホイール付きで交換作業やホイールバランスのほか、古タイヤ処理料を含めて総支払額は74800円であった。ハウスカードに1%ポイントが付いた。

f:id:tthtty:20150108053616j:image:w200
(クルマの足許も引き締まりイメージアップ)

前のスタッドレスタイヤアルミホイールはかなり傷が付いていたので、新しいアルミホイールでかなりイメージアップを図ることができた。タイヤのグリップも良くなったと感じた。大きな出費であったが、価格面やタイミングからみて、まずまず満足な買い物であった。