ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

レックスカード(REX CARD)とiD(DCMXmini)はクレジットカードと電子マネーの良い組み合わせ

先にクレジットカードについて記したが(クレジットカードは何が良い?(勝手にベストテン) - つまらない日記)、個人的にはJACCSと価格.comが提供するレックスカード(REX CARD)が最も良いと思った。レックスカードは次のような内容である。

・利用額に対するポイント還元率は、通常1.75%と最高水準。
・貯まったポイントは、JACCSのJデポに交換すると翌月のカード請求額から値引きされる。(ポイントはANAのマイレージ交換も可能)
・ポイントとは3500ポイント(利用額20万円相当)毎に交換できる。
電子マネーのチャージは、Edynanaco、ICOCOA、モバイルSuicaにチャージ可能。ただし、Edynanacoはポイント付与対象外。
・ネットショッピングでJACCSモールを経由すると店舗等により1.75%に更に0.5%などの還元率が加算される。
・家族カード、ETCカード発行可能。
・国内、海外旅行保険が附帯される。
・国際ブランドはVISA。
・年会費は2,500円だが年間利用額50万円以上で無料となる。

還元率については、リクルートカードプラスが2.0%であり、レックスカードより高い。しかし、リクルートカードプラスは国際ブランドがJCBのみとなっている。海外で利用することを想定するともう1枚必要かもしれない。また、リクルートカードのポイント利用は、リクルートじゃらん等のサービスかPonta等との交換となっている。今後のPontaと電子マネーとの交換の進展しだいかもしれないが、やや使い道が限られておりポイントを活かし切れないケースがあるような気がする。オリコカードやライフカードも個別の条件で高ポイント付与されるが、トータル的にはレックスカードの方がポイント還元率は高い。

レックスカードの競合相手としては、同じJACCS系のリーダーズカードとエクストリームカード、漢方スタイルクラブカードがある。リーダーズカードは、通常ポイント還元率は1.5%だが、Amazon交換に限定すると1.8%の還元率になりレックスカードより高くなる。多くの人はAmazonを相当利用するので、こちらの方がメリットを生かすことができると思う。ただし、考え方によってはポイントでアマゾンで商品を買うより、レックスカードのように毎月の請求額から差し引かれる方が経済的には経費削減になると思う人もいるかもしれない。エクストリームカードは、通常ポイント還元率は1.5%だがポイントを種々の電子マネーに交換できるのが良いところ。ただし、結果的には還元率は1.75%とレックスカードの方が高いことになる。漢方スタイルクラブカードは、レックスカードと同等のポイント還元率でnanacoチャージもポイント付与対象だが年会費は有料である。(ボーナスポイントあり。)

ポイントは積極的に利用したい、或いはポイントの利用が楽しみという人は、リーダーズカードやエクストリームカードの方がよいかもしれないが、ポイント発生後にいろいろ操作するのは面倒という人は、レックスカードの方が経済的と思われるかもしれない。請求額の値引きに特化したP-oneカードがある。これは、通常利用額に対するポイント付与はゼロで、翌月請求額から1.0%値引きをするという還元方法である。これは、とても判りやすい仕組みだが、値引率でみるとレックスカードの方が1.75%とより大きい。今後、このポイント還元率水準が長期にわたり維持されることを期待している。

レックスカードで少々残念なのは,、Edynanacoのチャージがポイント付与対象外となるところ。モバイルSuicaはポイント付与対象となるが、モバイルSuicaは年会費が1,030円かかるというオチがある。まあ、これだけの高ポイント付与で電子マネーへのチャージまで云々言うのは欲張り過ぎかもしれない。支払いは、小口でも電子マネーではなく、できるだけクレジットカード支払いにするという行動パターンになるかもしれない。

ただドコモのiD(DCMXmini)にするとドコモ料金支払いをレックスカードにしていれば、iD利用額はレックスカードの1.75ポイントとなり、更にドコモポイント1%加算される。ただし、利用上限額は、初期設定で1万円と低く抑えられている(利用状況により3万円になるらしい)。スマホ料金によるドコモポイントを含めて2000ポイントでDCMXmini1800円分と交換できる。レックスカードと併用すると実質還元率は2.65%になる。

最近のクレジットカードについて調べると電子マネーとの関係が言及される。クレジットカードから電子マネーへのチャージにポイントが付与されるかということと、貯まったクレジットカードのポイントを電子マネーに交換できるかということである。電子マネー楽天EdySuicananacoWAON、iD、Pasmo、Quickpayなどのほかに、リアル店舗系の共通ポイントであるTポイント、Pontaなどの交換に加え、Amazonポイントやヨドバシカメラポイント、ドコモポイントなどの各サービスのポイント(仮に「ハウスポイント」と呼ぶ。)との交換などの関係が出てきて、なかなか理解することが難しい。

これらの電子マネーとポイントは、これから統合と淘汰が進むのかもしれない。そういう意味では、乱立していたクレジットカードも、資本力がありクレジット、電子マネー、銀行口座、ネット店舗、リアル店舗の5つを掌握し、サービスの連携を推進する楽天、イオン、JR、リクルートなど大手資本のクレジットカードに集約される方向に既に動いているのかもしれない。

REX CARD

REX CARD