ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

クレジットカードは何が良い?(勝手にベストテン)

クレジットカードは巷に溢れている。もし新しいクレジットカードを作るとしたら、どのクレジットカードにしようか検討するとよい時間つぶしの娯楽になる。買いもしないクルマのカタログを見るようなものである。現在、銀行系のJCBのビジネスカードを保有している。会社経由で作ったものだが一応ゴールドカードなので特に不自由していない。

しかし、昨年ハワイに行った時(つまらない日記男ハワイに行く。(その7)海外旅行あれこれ - つまらない日記JCBが使えないことがあり、やはり海外ではVISAがあるといいなと思った。仕事で海外に行くことも幸い(残念ながら)ないので、当面、VISAカードも必要ないが、最近仕事で韓国の人が来たり、海外の案件も多く、英語の書類も増えるなど海外絡みも増え、そのうち海外出張もあるかもしれない。

また、現在のJCBカードは、ビジネスカードなので定年退職すると使えなくなると思う。退職してから無職ではクレジットカードを作るのも難しいかもしれないので、独立系のクレジットカードを多少信用のある今のうちに作って置こうという考えもある。(尤も定年退職まで13年、再雇用なら18年あるが。早く定年退職したい願望?)それでクレジットカードについて調べているうちに良し悪しが少し判ってきたので、何となくベストテンを考えてみた。個人的なランキングです。

1.ジャックスカード
現在、話題のカードは、信販系の高還元ポイントのカードではないだろうか。その中でもJACCSのリーダーズカードやレックスカード(価格.com)は、通常の還元率が1.5%~1.75%、JACCSモール利用のショッピングでは更に0.5%オンと高還元率を謳っている。年間50万円以上の利用で年会費無料。カードのデザインもブラック系とレッド系で渋め。ただ、窓口の電話が繋がりにくい、購入履歴のネット反映が遅いという面はあるようである。

2.オリコカードなど信販系カード
オリコカードは、嘗ては今のジャックスのようにポイント高還元で人気を博していたようだが、近年は相継ぐ還元率の低減でやや人気を失っているようである。Orico Card THE POINTのポイント還元率は通常1.0%程度で、一般のカードよりは高い。カラーもブラックアウトで渋い。また、カードのバリエーションも豊富で、特に年会費1,950円のPremium Gold iDは、ゴールド機能は余りないが見た目はゴールドという安価で男心を擽るラインアップである。その他ライフカードニコスカードなど信販系カードは多い。

3.ゴールドカード
ステイタスに拘らない人は意識しないだろうが我々バブル世代は、多少なりともクレジットカードにステイタスを求めてしまう。若い頃に1年だけ無料でアメックスに入っていたことがあったが、あまり実用的でない気がして止めた。しかし、家族持ちとしてはステイタスだけに年間1万円を払うことは厳しい。そんな場合には、前述の オリコPremium Gold iDのほか、年会費2,057円のMUFGゴールドカードなどはお手頃である。また、NTTゴールドカードは、年会費5,400円でほぼゴールド機能を満たし、年間100万円以上利用で年会費無料となっている。エポスゴールドカード(マルイ)も年間50万円以上利用で年会費5000円が無料になる。年間利用100万円以上等の条件でゴールドカード(年会費無料)の招待があるイオンゴールドカードやセブンゴールドカードもいいかもしれない。85歳くらいの老いぼれ爺さんになってもカードだけはゴールドを持っていたいというイメージはある。

4.自動車メーカーカード
自動車メーカーが出しているクレジットカードがある。こちらはポイントなどは特筆するものは無いようだが、オウナーシップとデザインが魅力である。フォレスターインプレッサと乗り継いでいる私としてはスバルの六連星デザインのカードは惹かれるものがある。国内メーカーの他に外車でもBMWプジョー、ポルシェ、ジャガーフォルクスワーゲン、ミニなどあるが、オーナーのみ所有可能となっているカードも多いようだ。デザインが最もカッコいいと思うのがフェラーリ。跳ね馬マークが際立つ。他のメーカーもエンブレムを中心にデザインすればカッコ良くなるのにと思ってしまった。しかし、購入するクルマのメーカーは変わるかもしれないので長期的には考えてしまう。

5.定番カード
三井住友VISAカード、アメリカンエキスプレス、ダイナース、JCBは信用が高い感じはする。ANA、JALなどの航空会社のカードも多い。クレジットカードというとマイルやラウンジ利用が絡むせいか何故か飛行機との関係が強い。

6.企業系カード
プーマ、ソニー、ミズノ、NTT、SoftBankモンベルL.L.BEANなど企業名のクレジットカードがある。それぞれのブランドの支持者であれば価値はある。テーマパークのカードもある。その中で気になったのは、プラモデルのタミヤのクレジットカードがある。これは何か希少価値がありそうである。これももっとタミヤロゴマークを大きくして欲しかった。

7.大学カード
主に大学職員や同窓会向けの大学名の入ったクレジットカードがある。ゴールドカードもあったりする。齢をとると卒業生ということの有り難みが増してくる感はある。対象者は、卒業生、在学生の父母、教職員などのようで、利用料の一部は大学に寄付されるものもあり、母校に貢献できる。ただ、お店で大学カードを出すのも少々躊躇われる気がする。名古屋大学は無料でゴールドカードを作ることができるようだ。流石である。

8.キャラクター系カード
ディズニー、ハローキティ、くまもんなどのカードは沢山ある。アニメもワンピース、トランスフォーマーガンダム、アトム、ゲゲゲの鬼太郎北斗の拳などがある。目立ったのはウルトラマンJCBゴールドカード。デザインが良い。小5の次男が宇宙戦艦ヤマトのクレジットカードがあれば良いのにと言っていた。同感である。

9.流通系カード
セゾン(ロフト、無印良品、パルコ)を筆頭に、イオンなどのGMS、コンビニ、ガソリンスタンド、家電量販店、百貨店、スポーツ用品店など沢山ある。最近は、リアル店舗よりネット流通系の楽天、アマゾン、ヤフー、リクルートなどが台頭している。個人的には、特定の店を使うわけではないので、あまり気が進まない。ただアマゾンはアリかもしれない。

10.銀行系カード
MUFG、SBI、りそななどはそれなりに信用が高いイメージがある。それ以外の地方銀行でも、保有する銀行口座に合わせてキャッシュカード機能を備えたものもあり身近なカードとして保有している人も多いのではないだろうか。

[その他]
プロ野球、Jリーグなどスポーツチームのカードがある。珍しいところではマンチェスターユナイテッドのカードも有るようだ。熱心なサポーターであれば、所有する満足度は高いと思われる。変わったところでは、ビートルズ矢沢永吉長渕剛などミュージシャンのカードもあるようだ。

いい加減なランキングだが、ベストチョイスは、レックスカードと思われる。 メリットとしてポイント還元が分かりやすい。デザインも地味めで好み。ゴールドカードに拘るのであれば、Premium Gold iDやMUFGゴールドカードのほか、イオンカードやエポスカードのゴールド招待もコスト的には良いと思う。個人的にはNTTカードも良いと思った。

今日はクリスマス。この1ヶ月休日返上で仕事をしている身としては全然関係ない。映画「ウォール街」のゴードン・ゲッコー風に云えば、「クリスマス?そんなの有象無象のままごと遊びだ!」(映画の台詞は「ランチ?そんなものは有象無象が喰うものだ!」)