ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

戦艦大和(マイクロエース1/600プラモデル)発進!

昨年は一時期プラモデル製作に熱中していたが、最近はお休みしている。製作から遠のくほど取り掛かるのが億劫に感じられる。人生長いのだから無理せずにやる気になるのを待とうと思う。

昨年、マイクロエース1/600プラモデル戦艦大和を製作した話を記したが(マイクロエース1/600プラモデル大和完成 - つまらない日記)、折角モーターライズの船のプラモデルを製作したのだから実際に水上を航行させてみたいと思っていたのだが、なかなか実行出来ずにいた。

f:id:tthtty:20140526005804j:image:w250
マイクロエース1/600プラモデル戦艦大和

近くの公園の池を偵察しに行ったところ、寒い日の夕方で人影も疎らだったことから急遽長男と次男と戦艦大和進水式に挑戦することにした。ラジコンではないので池のどこかで座礁・沈没した時に備え釣りの最長7.2mのタモ網を持参した。以前風呂場で短時間の試験航行したことはあるので動くのは大丈夫と判っていたが、損傷のリスクは覚悟の上である。

戦艦大和発進!」動画(1分46秒)※音声あり注意
D
(再生されない場合はこちら)
戦艦大和(マイクロエース1/600プラモデル)発進 - YouTube

戦艦大和が真っ直ぐ突き進む筈であったが、豈図らんや右旋回してしまう。一応舵が付いていて左右に動かし調整したが右旋回は直らなかった。これでは沖縄特攻の米軍空爆時の蛇行する大和になってしまう。

f:id:tthtty:20140526005638j:image:w250
(スクリューと舵。動くスクリューは一つだけ。)

船は真っ直ぐ航行させるのが難しいことを実感した。船底のスクリューの穴はグリスを詰めて浸水を防いでいるのだが、航行中徐々に船尾に浸水し後方が沈み込んでしまう。モーター部に浸水したらアウトである。結構ハラハラしてしまう。何とか沈没・座礁せずに無事終了した。

それにしても中1と小5の息子と父さん3人で公園の池にタモ網を持って戦艦大和プラモデルを浮かべて喜んでいる親子も少々怪しいが、こういう少々お馬鹿な時も大事にしたいと思う。



1/600 戦艦 空母 No.1 戦艦 大和

1/600 戦艦 空母 No.1 戦艦 大和