ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

宇都宮で餃子を食べました。

先日、宇都宮に行った。栃木は行ったことはあり宇都宮も通過した記憶はあるが、宇都宮に何か用事で行ったのは初めてだと思う。宇都宮といえば餃子が有名のようだが、宇都宮に行くまでは最近の一過性のブームで一部の店が混み合っているのだろうくらいしか認識は無かった。ところが駅に着くと駅周辺に餃子店の看板が彼方此方にあるのを見て、これは本当に餃子の街なのだと考えを改めた。

取り敢えず何が何でも昼食は餃子だろうということで、店の評判を調べるのも面倒なので駅のエスタ内の餃子店に入った。幾つか店があり迷ったが、すぐ入れそうな店にした。メニューはぎょうざ定食が550円から有る。地域の名物がお手軽価格で味わえるのだから餃子は良い。餃子が6つの650円のぎょうざ定食にした。

f:id:tthtty:20140311125110j:image:w200
(ぎょうざ定食)

このぎょうざ定食は、6つの餃子がそれぞれキムチ、しそ、茶などの違う味となってていて芸が細かい。やや大きめでパリッとした感じの餃子であった。私はどちらかというと柔らかジューシーの餃子よりも、皮に少し焦げ目があるくらいで具も固めの餃子が好みなので、この店の餃子は気に入った。サラダにはぎょうざの皮が入っている。さすが宇都宮。餃子は美味しかった。

店を出た後、栃木や宇都宮の土産はどうだろうとおみやげ店を覗いてみた。餃子は美味しいが冷凍餃子は持ち帰れないなあと思っているも目に入ったのが「餃子煎餅」。醤油ベースで餃子の味が染みていそうな煎餅が17枚入りで630円くらいで売っている。これは手軽だし宇都宮土産として話題性もあると思って一つ買った。意外と少々辛めだったが、職場で配ったら珍しさもあって美味しいと好評だった。

f:id:tthtty:20140312220348j:image:w200
(ぎょうざ煎餅)

土産品としては、他に苺のとちおとめ関連の菓子が目立った。干瓢(かんぴょう)もあった。所変われば品変わる。何故か懐かしい感じがする街宇都宮であった。