読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

中学受験(私立中高一貫校)か公立中学校かどうする?

小6の長男が間もなく小学校を卒業し、中学に入学する。小学校の同学年の子でも私立中高一貫校を受験して通う子も数人 いるようだが、長男は普通に公立中学校に入学する。私立中高一貫校の受験は想定はしていたが、当初から受験しないつもりであった。しかし、妻が学校行事で行くと、長男の同級生のお母さん方から中学受験をしないのかという話が出てくるので我が家でも検討した。

中学受験の話は地域によって状況が異なると思われる。私が住んでいる地域では中高一貫校はまだ少なかったが、ここ数年既存の私立高校の少子化対策として中学からの生徒の囲い込みと思われる中高一貫校化が進みつつある。首都圏などと比べるとかなり後進地域である。故にまだ進学実績が不明の中高一貫校が多い。中高一貫の先駆的な学校は進学実績として東大や医学部合格者を輩出しているが、殆どは目立った実績はない。また、国立大学の付属中というのもある。こちらは中学校のみであるが、有名進学高校の合格実績もあり人気が高い。

長男は成績はまずまずだが、どうもまだ勉強習慣が身についていない。家で勉強しなさいと言われてやっている感じである。このような状況下で中高一貫校の受験を検討し、次のような見解に達した。

・進学実績が不明の新設の中高一貫校は授業内容や生徒レベルが未知である。リスクが高いので敢えて選択肢とする気はしない。

・唯一進学実績のある中高一貫校は、我が家から遠いので通学が困難である。中学から通学時間が長いことは時間の有効活用と本人の負担からみて好ましくないと思う。

中高一貫の進学校でも成績を維持・向上させるためには塾通いが必要と聞いたことがある。それであれば、公立中学校で勉強を塾に委ねても良いのではないか。

・公立中学校はイジメがあり荒れているというイメージがある。中高一貫校と比べるといろいろな生徒がいる確率は確かに高い。ただ中高一貫校にイジメが無いとはいえない。

・長男のことを考えると6年間の在学中に中だるみするような気がする。3年後に高校受験という山を乗り越えた方が大学受験まで持続するような気がする。

・保護者の話を聞くと中高一貫校に入学すれば後は安心という雰囲気が感じられるが、実際は大学受験が勝負である。(最近は就職活動が勝負のようだが)中学入学後~高校卒業にどれだけ勉強するかが勝負であり中高一貫校入学がゴールではない。

・私立は入学金、授業料が高い。残念ながら我が家には余裕が無い。見栄を張るのも我が家の家風ではない。何だかんだと言ってもこれが一番の理由。

勿論私立中高一貫校のメリットは理解しているつもり。カリキュラムを早く終え大学受験に専念できる。高いレベルの生徒が集まることでモチベーションアップも図ることができるだろう。しかし、我が家は普通に公立中学校に行くことにした。果たして何が良かったかは分からないだろう。後になっても選択しなかった分岐の先がどうなっているかは分からないからである。

しかし、受験をしない弊害はある。受験をする子は受験勉強をするのでこの1年で学力向上がみられる。何の試験であれ「受験」そのものに価値が有るというのが今日の結論である。