読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

小4の次男がコンクールに入賞した絵

小4の次男が描いた絵がコンクールで入賞した。

f:id:tthtty:20140110203023j:image:w250
(「自由にそびえる大木」)

この絵を描いた時に「お父さん。みんな木の幹を茶色で書くけど、俺はどう見ても灰色に見えたから灰色にした。」と次男は言った。葉は細かく色分けして描いていたようで、学校に残って4時くらいまで描いたようだ。小学生の絵は、先ず細かく描くのがポイントだと思う。あとはタイトル。「みんな『大きな木』とかにしていたけど、俺は初め『自由に伸びる木』にしようと思い付いたけど考え直して『自由にそびえる大木』にした。」と次男は言った。子供なりに色々考えているものだ。

背景の家など細かくみると決して上手い絵ではないが迫力は感じる気がする。絵心のない私から見ると、親バカだが大したものだと思う。