ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

マルマンのドライバー シャトルi 4000X 430を買いました。(ブリヂストン ビームZ430を使っています。)

小4と小6の息子は、一応ゴルフをやっているのだが、昨年はショートコースを含め1回もラウンドしなかった。一昨年までは、私と年3~5回ショートコースをラウンドしたほか、地元で開催されたジュニアゴルフレッスンラウンドに参加し年2回ほど一般のゴルフコースをラウンドしていた。このジュニアゴルフレッスンは、ジュニアへのゴルフ普及の為に実施されているようで、参加費1千円で地元では名門のゴルフコースをコーチと一緒に子供達だけでラウンドするという贅沢なレッスンであった。全ての客がスタートし終わった午後1時頃からスタートするので、14ホールくらいで途中で終了してしまうが、本格的にラウンドできる。小4の次男は小3の時に私と一度だけ普通のコースをラウンドしたが、レディースティーでスコアは115であった。長男も次男もショートコースならダブルボギーペースでまわることができる。

昨年の12月に長男、次男と久し振りにゴルフ練習場に行った。長男は、背も高くなってきたので、一昨年にそれまで使用していたナイキのジュニアクラブセットから、中古で購入したレディースクラブセットに買い換えた。ところが元々振り遅れ気味だったのがクラブ交換で更に悪くなり調子が悪くなった。昨年ゴルフをやらなかったのもそこに一因があった。ゴルフ練習場では、長男も更に背も伸びたので、レディースのドライバーも少し振れるようになったかと期待したが、やはりなかなか当たらなかった。

私は、先に記したこともあるが(ゴルフスイング理論/腕の振り戻しと手首の返しによる野球打ち防止が重要 - つまらない日記)振り遅れこそゴルフスイングの悪の根源と思っており長男にも指導するのだが、なかなか上手く行かない。それで見本としてそのレディースドライバーを打って見せたところ、上手くボールに当たった筈だが打った後何かおかしい感じがした。見るとシャフトの先が折れていてクラブのヘッドが無い。何とシャフトが折れてヘッドが練習場の地面に飛んで行ってしまったのだ。レディースクラブを打ってしまったことがいけなかったのだが、幸いトラブルには至らなかった。安いゴルフセットなのでクラブには未練が無かったが、帰りに練習場のフロントに事情を説明しておいた。以前に釣り竿を折ったこともあり、息子達は私の失敗にほくそ笑んでいた。この間練習場に行った時にフロントに保管しておいてくれたヘッドを回収した。

f:id:tthtty:20140105183512j:image:w250
(折れたシャフトと飛んだヘッド)

何れ長男のドライバーを購入しなければと思っていて、この年末年始にネットで中古クラブを探してみた。身長166cm程なのだが、まだスイングが振り切れていないのでレディースのドライバーが良いのではと思った。できるだけ短尺で軽いクラブを探してみた。最近はレディースティーでも44インチ以上のドライバーも多く難儀したが、一番良いと思ったのは、2008ブリヂストンのレディースビームCLドライバーである。これは、私が現在使用しているドライバーがビームZ430で非常に振りやすいと感じているのが理由である。ネットで8千円程度で売っているのを見つけたので第一候補とした。

ブリヂストンのビームは、一時、テレビや雑誌で随分宣伝していたが、結果としてあまり話題にならなかったブランドである。実は私は初期のビームのドライバーを買った。これはブリヂストンのブランドと紺色のヘッドがカッコいいと思って買ったのだが、長さが46インチと長めで重量も300gを越えていたので、なかなか振り切れずに苦労した。その前はミズノのT-ZOIDのドライバーのセール品を使用していたのだが、そちらの方が調子が良かった。それでもビームを暫く使用していたが、当時はスイングも悪かったため流石に46インチは無理と思い買い換えることにした。しかし、なかなか安いドライバーが無い中、結局手軽な価格だったのがビームZ430であった。ただこれは、初期のモデルと異なり44.75インチ、総重量290gで短尺・軽量で非常に振りやすいクラブでスイングが安定した。

因みにビームZはネットで購入したのだが、ハイレゾ仕様で間もなくルール不適合クラブになってしまった。気に入っていたので俺にルールは関係ねえと思っていたが、何か肩身が狭いので結局ネットで同じビームZのルール適合を買う羽目になった。我が家には双子のビームZドライバーがある。アイアンは初めに買ったビームを未だに使用している。調子は良い。

話は戻るが、家の近くの中古クラブのゴルフ・ドゥからハガキが来ていたので初売りに見に行った。すると何とビームCLドライバーが売っていた。43インチ、総重量265g、ロフト12.5°と軽快なスペックで望み通り。長男が試出してみたのだが振りやすいようだ。ところが店員が長男のスイングを見て、このスイングならメンズのRシャフトで充分ということだった。確かにもう大人のスペックでも良い体格であるし、またレディースクラブのシャフトが折れてしまっては困るので止めた。もう一度メンズのドライバーを探し始めたが、中古クラブでも2~3万円以上するものも多く、安いと思うと古いモデルでルール適合かどうかも分からないものもあった。

その店内で次男が見つけたのがマルマンのシャトルi4000X 430。

f:id:tthtty:20140106000935j:image:w250
(マルマン シャトルi4000X 430)

値段は初売りセールの割引でで8,300円ほど。スペックは44.5インチ、総重量286g、ロフト10.5°。ロフトは一般的だが、メンズでは短尺で軽量である。長男が試打してみたところ良さそうである。

f:id:tthtty:20140106001129j:image:w250
(フェースと構えた感じも良い)

私も欲しいと思うようなドライバーである。練習場に行き、早速打ってみた。長男のスイングもヘッドが返るように改善されつつあり、多少右左にブレるが、ドライバーもちゃんと当たっていた。本人も自信を持ったようである。

f:id:tthtty:20140106001205j:image:w250
(コストパフォーマンスも良い)

プラモデルも一段落したので、今年はゴルフを少しやろうと思う。