読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

釣り堀にハマる小学生

最近我が家で流行っているのが「釣り堀」である。11月から4回ぐらい行っている。小学生は半額なので比較的お金がかからない。室内の釣り堀で、竿とエサと仕掛けは貸し出してくれる。幾つかルールがあるが、貸し出してくれるタックル利用がルールで、浮き釣りである。ファミリー客が多く、安心して行くことができる雰囲気である。

f:id:tthtty:20131208111802j:image:w250
(アタリを待つ。)

前に1時間だけ私もやったが魚は沢山居るようでアタリは多い。鯉が中心だがフナやウグイも居るようである。しかし、アワセが極めて難しい。魚が餌とり名人なので、初めの僅かなアタリを逃さずアワセないとかからない。浮きが動いてしばらく待って大きく沈んだらアワせるという釣り方は通用しない。瞬きの瞬間も逃さず早アワセする集中力が必要。慣れると結構釣れ出し1時間で6匹ほど釣れた。

f:id:tthtty:20131208100018j:image:w250
(掛かった。)

竿が小さいため大物だと結構な引きがある。掛かったらタモ網ですくう。針外しはできるだけ魚が水中にいる状態で行う。

f:id:tthtty:20131208100308j:image:w250
(40cm程のコイです。ボケてしまってスミマセン。)

小学生の息子が行きたがるので、ゲームなどをやるより健全と思いやらせている。やっていると確かに2時間くらいあっという間に経ってしまう。会員登録して馴染みになりつつあるので、冬の間はボチボチやろうと思っている。