読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

スマホ「フリック入力」VS パソコン「キーボード入力」入力速さ対決

エレコムTK-FBM023を購入してスマホF05Dの外付けキーボードとして使用した話を記したが(スマホ(ARROWS F05D)で使う念願の外付キーボード(エレコムTK-FBM023)を購入しました。 - つまらない日記)、外付けキーボードが有用かどうか判定するためには、スマホで通常使用しているフリック入力と外付けキーボード入力のどちらがどれだけ速いのか検証することにした。ある定型の文章をそれぞれで入力して入力時間を測定してみた。

<測定方法>
・下記の文章を(1)スマホフリック入力、(2)パソコンキーボード入力、(3)スマホキーボード(エレコムTK-FBM023)入力 で入力する。
・入力者は私。
・アプリケーションはEvernoteの新規ノート。
・試行順は(1)、(2)、(3)の順。
・環境(1)、(3)はARROWS/F05DでNX!input使用。変換候補表示ON。(2)はWindows7パソコンでMS-IME使用。
・(2)、(3)はローマ字入力

<定型の文章/「○」、「X」は代替文字>
_____________________
●応募方法
下の応募用紙を2014年1月6日(月)[当日消印有効]までに、○○○○テスト集配センター宛にお送りください。
※添削テストと一緒にお送りいただくよう、お子さんにお声がけください。
●当選者発表
2014年2月上旬に、○○○○会員専用サイトで当選者を発表します。当選者発表の際は、お子さんのお名前と都道府県名(海外会員方は国名)を掲載させていただきます。お名前・都道府県名(海外会員の方は国名)の掲載を希望されない場合は、該当欄にチェックを入れてください。その場合は商品の発送をもって代えさせていただきます。
●プレゼント発送
教材配送先のご住所へお送りします。商品のお届けは1月末~2月上旬を予定しています。
※何かご不明な点がある場合は恐れ入りますが、○○○○フリーダイヤル(0120-XXX-XXX)または○○○○○メール(XXXXXXXX@XXXXXX.co.jp)までご連絡ください。
_____________________

結果は次の通り。
(1)11分11秒
(2)5分3秒
(3)7分22秒

フリック入力は自信があったつもりであったが、キーボード入力と比べるとかなり遅いことが判明した。フリック入力は全角と半角(英字・数字)切替が難点。試行順からみて(1)は多少ハンディがあったかもしれない。ブログの書き込みの際は、考えながら入力するのでフリック入力でも速さが気にならないのかもしれない。やはりパソコンフルキーボードは速い。スマホ外付けキーボードがやや遅いのは、やはりキーが小さく押し間違えが少々あることに加え、キーボード配置(キーボード認識)が異なるので慣れていないこともある。実はキー配置の違いが分かるようシールを貼っている。

f:id:tthtty:20131126234839j:image:w250
(日本語キーボードと異なる記号のキーにシールを貼って凌いでいる。ちょっと格好悪いが意外とシンプルな配置。)

これで外付けキーボードの有効性が実証されたので、エレコムTK-FBM023購入の根拠も示すことができた。この外付けキーボードと100円ショップで購入したタッチペンでグーグルスプレッシートの表計算入力にチャレンジしてみた。しかし、カーソル移動、行挿入、コピー&ペースト、全角半角切替の何れも難儀した。現在のところはちょっと無理という感じ。結論は、やはり文字入力はキーボードが馴染むということと、スマホの外付けキーボード使用もアリという結論であった。