ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

ユピテルのカーナビYPB618siとレーダー探知機クレードルOP-CR85を買いました。(その3「使用」)

(前回の続き)

それで結局、ユピテルに決めて表題のとおりカーナビYPB618siをJoshinで、レーダー探知機クレードルOP-CR85をアマゾンで購入した。

f:id:tthtty:20131122111917j:image:w250
( OP-CR85とYPB618si)

取り付けは、付属のベースとホルダーを使用する。取り付け位置を色々検討したが、ダッシュボード中央にした。というかインプレッサ15Sはダッシュボード中央に時計、温度、燃費計があるので、平面な箇所はその前くらいしかない。時計、温度、燃費計の表示が見えずらくなるが、時計はカーナビ表示があり、燃費計は表示オフにしているので(燃費と加速(燃費計をオフにせよ) - つまらない日記)許容範囲。ただダッシュボード上に本体を置くとやや視界の妨げになるので、本来は好ましくないのだが、本体は浮いた状態でホルダーが支え、ダッシュボードよりやや前に出るようにした。この時にカーステレオのCDの出し入れに干渉しないように留意した。万が一付属のホルダーのベースが剥がれた時のために、フロントウィンドウ下の吹き出し口に引っ掛けることができる落下防止ひもが付属品として付いている。 ホルダーは2カ所ネジがあり位置を調整できるが一軸のため調整範囲はやや限定的。

電源はシガーソケット。配線はフロントコンソール前をブラブラすると邪魔なので、ハンドル下に通しチルトステアリングの隙間から上部に出して本体に繋げた。コードを留めるクリップも一つ付属品としてあり使用した。なかなか気が利いている。エンジンキーに連動して本体の電源がオンオフされる。因みに電源の口はminiUSBでコンセントからの充電も可能。市販のUSBケーブルで接続できる。ただし充電中は操作が出来ないようだ。フル充電で約1時間半使用可能とのこと。家で遊ぶこともできる。

f:id:tthtty:20131122112158j:image:w250
レーダー探知機を取り付けた状態)

ダッシュボードを眼鏡拭きでよく拭き取り円形のベースを張り付けた。説明書を見るとベースは接着後、圧着されるよう負荷を掛けないように1日放置せよと書いてある。早く本体を設置したい気持ちを抑え1日経ってから本体を取り付けた。100円ショップでタブレット用の液晶画面保護シートを購入して貼り付けた。使用開始に当たっては特に問題はなかった。GPS受信もそれ程時間はかからない。オービスのレーダーにも反応する。カーナビの操作・表示も取り敢えずは問題ない。しかし、気になった点が幾つかある。

先ずカーナビ。地図のコンテンツは殆ど問題ないが、立体交差の道路で右折指示が出たことが一度ありやや精度が劣ると思うことがあった。それより検索機能はやや物足りない。文字検索で表示される施設は少ない。大手チェーンの飲食店、コンビニ、ショッピングセンターなどは文字で検索されるが、地元チェーン店や中小店舗は文字検索しても表示されない。事業所なども同様である。このあたりは不便を感じる。ところが一方、電話番号検索では中小店舗から事業所まで大体表示される。初めは、「なぜ電話番号検索で表示され、文字検索で表示されないのだろう?」と悩んだが、要はそれぞれ別のデータベースを使っているので相互性が無く止むを得ないという結論に至った。どうしても検索したい場合、スマホの104で電話番号を調べてからカーナビで検索するしかない。因みに住所による検索は問題なくできる。予め100か所(少々少ないが)までお好み地点を登録できるので、慣れてくるとこんなものと思える。ポータブルカーナビとしての価格を考えると合格点と思われる。

次に無線反応についてだが、これには少々失望感がある。この3週間で無線反応は1回のみである。「特小無線」の反応があり、実際にその先にパトカーがいた。ということで機能していることは間違いないが、他に反応が無さすぎる気がしている。ただ分からないのが、実際に該当する無線が無いので反応していないのか、それとも無線が飛んでいるのに反応していないかがわからないことである。シートベルト取締現場に遭遇したり、パトカーとすれ違ったりしても反応はなかった。こんなものなのか?無線の感度は2段階の設定ができるのだが、当然、強く設定をしている。あまり頻繁に反応してもらっても困るが、反応しないのも困る。ステルス型取締対策としてこの無線反応に期待していたので、現在のところやや?である。ただし、本当に無線が飛んでいないかもしれないので、これから気を付けながら機能を確認したいと思う。

GPS機能だが、取締ポイントが沢山登録されており、警告してくれるので参考になる。しかし、あくまでも過去の取締情報なので、実際に取締を行っているケースは遭遇していない。上記のシートベルト取締現場は登録されていない。この地点は、日頃運転している道路なのだが最近になって取締をみるようになった。登録されている取締地点はやや古いデータが多いような気がする。10~20年前には取締りも見たが、最近ではあまり取締りを見ない地点が多い。ということでローカルエリアについては表示警告のみで音声警告しないように設定している。このローカルエリアは中心地店を指定し半径○Kmと指定すると、ローカルエリア内のみの警告設定(メニュー別表示・音声)ができる。ローカルエリアから出るとドライブエリアとなり別の警告設定ができる。このあたりはきめ細やかな設定が可能でよく出来ている。

レーダー機能は従来のレーダー探知機と同様で問題はない。固定式のオービスなどに反応する。GPSでNシステム(ナンバー読み取り機)にも反応するようになった。

ということで無線反応についてはやや疑問があるので、残念ながらこれで安心とまでは言えない感じである。この分野の話については、そもそも「当てにしてはいけない」という意見も多いのでこれでよしと思わなければならないのかもしれない。それでもこれまでほぼ素手だったのが多少武装して索敵能力が向上したと思えば気分的にはラクになった。ナビ機能もこれまでスマホのグーグルナビをいちいち操作していたと思えばカーナビも楽に使えるようになった。これでドライブに行きたいと思うようになったので27,130円の投資対効果はあったと思っている。