ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

国立科学博物館に行きました。

息子二人と旅行に行った話の続き。上野の国 立科学博物館に行った。私も息子たちも初め て行った。予想より広かった。1時間20分程度で 見て回ったので忙しかった。時間がないの で、ダイオウイカを展示している特別展「深 海」を見ることができなかった。ここをまと もに見るには、少なくても半日以上は時間を 取る必要がある。

印象に残った展示としては、国産の真空管に よる初期のコンピュータや初期のジェットエ ンジンによる飛行機、アボガドロ定数などの 単位のコーナー、昔の時計や暦計、隕石などがあ る。しかし、どちらかというと生物系の方が 賑わっているようで、上記の展示はやや大人 しい感じであった。

f:id:tthtty:20130731213502j:image:w200
(国産の真空管コンピュータ)

f:id:tthtty:20130731213539j:image:w200
(国産のジェットエンジンの航空機)

f:id:tthtty:20130731213612j:image:w120
(数多ある標本の一部)

科学館というのは、各地域にもいろいろ有り それぞれ趣向を凝らして感心するが、総じて分子式や落下運動、確率などの展示が少ないと思う。国立科学博物館は、国立だけあって質・量とも充実しているが、その辺りはもう少しあればと思った。しかし、子 供を連れて来て良かったと思った。