ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

フォードのマウンテンバイクをアマゾンで買いました。

以前にランボルギーニのマウンテンバイクを買って盛り上がった話(ランボルギーニのマウンテンバイクを楽天で買いました。 - つまらない日記)を記したが、長男が自慢するものだから、次男もマウンテンバイクが欲しいと言い出した。小四なので、まだジュニア用の自転車で良いだろうと思うが、何れ買うのだから検討してみることにした。

ランボルギーニのマウンテンバイクが、良い製品で比較的リーズナブルだったので、長男が赤だから、次男は黒を買えば良いのではないかと思った。ところが、頑固者の次男は、同じではイヤだという。気持ちは解らないでもないが、かといってホームセンターにある一万円台のマウンテンバイクも、長男に見劣りするのでイヤだという。それに安価なマウンテンバイクも二万円近くするので、それならランボルギーニのマウンテンバイクでよいのではないかと堂々巡りになる。別に急ぐ話ではないので、ゆっくり考えることにした。

そんな時、アマゾンで見つけたのがこの商品。

ランボルギーニと比べるとフォードというブランドはどうかと思ったが、次男は気に入ったらしい。急ぐ必要は無かったが、何れ買うのだからということで買った。ランボルギーニのマウンテンバイクと比べると、前後の泥除けが付いていないことと、フレームの材質がアルミではなくスチールなのが、やや見劣りするところ。一方、折り畳み式なのは優れたところ。実物はブルーが鮮やかでデザインもカッコいい。

このフォードのマウンテンバイクは26インチでもサドルが高く、身長160cm以上となっている。次男が、家に到着したマウンテンバイク早速乗ったところ両足が付かない。ということで来年までお蔵入りとなった。とりあえず泥除けとカゴを取付け、防犯登録もしたが、現在は部屋のディスプレイとして見て楽しむインテリアとなっている。



f:id:tthtty:20130730080205j:image:w250