ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

SEIKO(セイコー)のクロノグラフ腕時計を買いました。

トミーヒルフィガーの腕時計が止まっていた。電池交換しなければと思い時計屋さんに持って行き、時計を出すと動いていた。時計屋さんが見てみましょうというので見てもらうと、電池はまだあるとのこと。それで家に帰って、また見てみると止まっていた。その間はオフタイム用の別のウレタンバンドの腕時計を使っていた。修理に出してみようと思ったが、完全に治るかどうか怪しかった。1万円程度で購入した時計に修理代3千円くらいかけて、また故障するようであれば、新しい腕時計を買った方がいいと思った。

これまで腕時計はシンプルをモットーとしていた。ブランドは、カルバンクライントミーヒルフィガーなど1万円程度で購入できるものを選んでいる。タグホイヤーなどいいと思うが、無理して買うほどでもない。シンプルなデザインでやや大振りのトミーヒルフィガーのビジネス用とプライベート用の腕時計を持っている。

もしビジネス用腕時計を買うなら何にしようか考えた。品定めが趣味なので、早速ネットで情報収集した。まず故障したトミーヒルフィガーの腕時計は、購入してからまだ1~2年しか経っていない。できるだけ安く抑えなければならない。一方で、腕時計を買う機会など滅多にないので、気分を変えて今までと少し違う時計を試してみたい気もする。そうなるとこれまでと違うブランドにしようと思った。今まで洋モノに拘っていたが、日本のメーカーもカッコいいかもしれない。

それで目に付いたのが、セイコーシチズン、カシオのクロノグラフである。クロノグラフの時計は所有したことがないので、小メーターが何を指しているのかも理解していない。価格は基本1万円以下。盤面の色は黒か白か青。それで決定したのがこの時計。
[rakuten:watchgate:10004034:detail]
家に届いたのを見ると思ったより大きくボリューム感があり、青色も鮮やかでカッコいい。クロノグラフの3連は、24時間計と秒針とストップウォッチの分計となっている。一般の時計の秒針がストップウォッチの秒針となっている。お値段以上か。問題はバンド調整をどうするかである。時計店に行くか、専用工具を買うか要検討である。

ところで故障したはずのトミーヒルフィガーの腕時計。再度動き出し、その後は止まらず正常に動いている。家族からは新しい腕時計を買うための故障偽装と疑われているようだが、潔白なのでまあいいだろう。

f:id:tthtty:20130712153820j:image:w350
(THオフタイム用、購入したSEIKO、THビジネス用)

※追記 このクロノグラフは暗い所だと長針・短針がやや見えずらい。