ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

積みモデラー参上。

最近は仕事が忙しく、プラモデル製作は滞っている。ハセガワの1/450赤城を完成させ(ハセガワ1/450プラモデル空母「赤城」完成 - つまらない日記)、ニチモ1/500伊勢に一応取り掛かり、部品を切り取る前のバリ取りまでをやったのだが、それ以降ストップしてしまった。伊勢は、これまでの経験から製作の効率化に取り組もうと部品を切り取る前に、全ての部品のバリ取りを行い、塗装を施そうと思っている。しかし、考えてみると初めにバリ取りばかりやるのは少々単純作業でつまらない気がする。それが作業ストップのもう一つの要因かとしれない。やはり部品を一つ一つ切って、ヤスリをかけ、塗装するのが楽しいのかもしれない。仕事ではなく趣味でやっているのだから、効率化より楽しさが第一である。

ところが、製作は進まないのに、プラモデル店はちょくちょく行くものだからプラモデルの数は増えていく。私と長男と次男はすっかり(いわゆる)積みモデラー になってしまった。

それでも長男は、飽きずに熱心に戦艦製作に取り組んでいるので、在庫は圧縮されてきている。
f:id:tthtty:20130702082651j:image:w150
(長男の積みモデル)

私は溜まってきている。
f:id:tthtty:20130702082805j:image:w150
(私の積みモデル)

困ったのは次男。作らないのに欲しがるので、溜まっている。当に積みモデラー
f:id:tthtty:20130712125555j:image:w250
(次男の積みモデル)

この親にしてこの子有り。親子似たようなものか。因みにこれまで製作したプラモデルが以下の写真。今年の初め頃から本格的にプラモデル製作を始めたので、ほぼ半年で作ったもの。多くは長男が作っている。結構な量と金額になっている。

f:id:tthtty:20130706003807j:image:w250
(この半年で製作したプラモデル)