ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

NHKの総合診療医ドクターGは面白い

以前に病院の診断・診療にやや疑問を呈することを記した(病院で診断が難しい発熱等を伴う病気と困難な診察 - つまらない日記)が、NHKのテレビ番組「総合診療医ドクターG」は、それを払拭するような番組である。毎回違うベテランの医師が出演し、やや珍しい病気の患者の症状を追いながら、若手インターン医師3名相手にカンファレンスを行うという内容である。

一見すると風邪や疲れのような軽い病気の症状に思われるが、実は重篤な病気であったというのがパターンである。初めの症状から3名のインターン医師が推測するそれぞれの病名が、症状の変遷とともに異なる病名に変わっていき、最後には全員一致で真の病名に辿り着く過程を映し出す。

一番の見所は、話す内容からしてあらゆる症例を診てきたと思われるようなベテラン医師が、患者の一つ一つの細かな説明からヒントを手繰り寄せ、真の病名に導く指導力である。そのキャラクターも魅力があり、本当に凄いなあと感心させられる。インターン医師に、死に直結するような怖い病気を想定しながら、あらゆる可能性を探り、思い込みの危険性を諭す。ベテラン医師とインターン医師のやり取りも、数多の知識の応酬で頭いいなあと思わせる。ただ医師である限り、一つの病気に絞り込み診断しなければならない苦悩も、そこには垣間見える。

この番組を観ると、現代医療の診断も決して劣化している訳ではなく、優れた医師は居るのだと認識させられる。やはり経験がものを言うのだろう。これを見ると、田宮二郎主演「白い巨塔」の里見医師(山本學)の時間をかけた診察が想起される。「ドクターG」は、長男も面白いと言うので一緒に観ている。うちの息子もこの番組を観て医師を志し、親に言われなくても毎日勉強してくれるようになってくれること願っている。


白い巨塔 DVD-BOX3 ?誤診裁判第二審?

白い巨塔 DVD-BOX3 ?誤診裁判第二審?