ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

秒針音のない大型壁掛け時計を購入しました。

部屋の模様替えをしたことを記したが(子供部屋の机をニトリのネット通販で買いました。 - つまらない日記)、部屋の模様替えをして、自分の部屋に時計が無いことに気付いた。前は小さな置き時計が有ったのだが、その時計は別の部屋に置いた。時間はスマホを見れば分かるので時計は無くてもよいと思ったが、やはりぱっと見て時間が分からないと不便なものである。それで安い時計でも買おうということになった。そうは言え、置き時計は場所をとるので壁掛け時計がよいと思った。視力も低下しているのでできるだけ大きな時計が良い。壁掛けの液晶デジタル時計がカッコいいと思ったが、大きなものは高価である。それでアナログ時計を探すことにした。

安い時計を探せば100円ショップでも売っている時代である。しかし、一つ条件があった。秒針の音がしない時計である。自宅に100円ショップの時計があるのだが、秒針の音が気になり出すと気になる。それで秒針の音が無い時計が条件である。電波時計もいいが、やや高いことと、場所によって機能しないような気がして拘らないことにした。ネット店舗のほか、家電量販店やホームセンターなどを見て探した。カシオの時計が安くて良さそうだったが、アマゾンの評価をみると1~2年すると駆動系の音がするという評価があった。安いからその辺はしょうがないところだろう。

それで結局アマゾンでリズム時計のアナログ時計を買った。価格は送料込みで驚きの891円。直径が33cmなので大型で、高級感とまでは行かないが、安っぽい感じはない。本当、安くなったものである。当たり前だが時間も特に狂うこともない。秒針も滑らかで音もしない。ただこの時計一つ難点がある。長針と短針がデザインのため針の一部がくり抜かれて細くなっている。このため下から急角度で見たりすると針が読みにくいことがある。長針と短針が普通に黒ければ見易いのにと思ったがやむを得ない。

しかし、そこはプラモデル野郎のこと。この時計の針を何とかしたくなった。たまたま家に戦艦プラモデルの飾り用に100円ショップで買った黒いA4用紙があった。それでその紙を針の形に合わせて切り取って、両面テープで貼り付けることを思いついた。早速、時計のネジを外し、硝子のカバーを外して、黒紙を針の形に徐々に合わせて切り取って両面テープで貼り付けた。まずまず目立たずに仕上げることができた。針は柔らかいので注意というか、分解は自己責任で。

f:id:tthtty:20130515185450j:image:w300

シンプルで落ち着いた感じの大きく見易い時計である。壁掛け時計の値段。値段の基準と商品の価値についてわからなくなってしまった。