ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

ハセガワ1/450プラモデル空母「赤城」完成

息子のプラモデル製作の話は度々出てきたが、私のプラモデル製作は2月に完成したUボート童友社1/150プラモデル・モーターライズUボート完成 - つまらない日記)と3月初めに完成した大和(マイクロエース1/600プラモデル大和完成 - つまらない日記)以降は、なかなか進んでいなかった。大和完成の後、ハセガワ1/450赤城の製作に取り掛かっていたが、この3月、4月は、例年になく多忙でプラモデルを製作する時間がなかなかとれなかった。それでも休日や就寝前の僅かな時間を見つけて、こつこつと製作していた。そもそも趣味でやっている事で遅れたところで誰に迷惑を掛けるわけではない。(息子には、まだできないのかと催促されるが。)

この度の赤城は、全長58cmと大型の本格的なプラモデルで、しかも初めて製作する空母なので少々難儀した反面、部品もやや大きいため製作がやりやすかった面もある。プラモデル初心者として、これまでの潜水艦、戦艦の2作品製作の経験を踏まえ、少々工夫したところがある。

f:id:tthtty:20130504221356j:image:w300

まず、できるだけ部品を切り取る前に塗装を施すことにした。因みに塗装は全て水性ホビーカラー。切り取ってから塗装すると、塗装が乾燥する時間がかかることと、筆を何度も洗って、塗料をつけてを繰り返すので効率が非常に悪い。予め部品を確かめて塗装しておくことで時間短縮を図ることができる。ただし、理屈ではそうなるが実際はなかなかそうはいかない。まず、説明書をよく読んで部品の色を前もって確かめるのは結構面倒である。また、予め塗装をしても部品を取り付けてみると塗装漏れの箇所が結構あったりする。切り取り箇所の未塗装部が目立つときは、塗り直す必要がある。ということでなかなか思うように行かなかった。

f:id:tthtty:20130506104914j:image:w300
(反対側)
f:id:tthtty:20130506104930j:image:w300

次にこのハセガワ1/450赤城のプラモデルは、ネットで調べてみると、金型が古くはまりがキツい、ユルいが相当あり苦戦することが判っていた。それで、初めてパテを使用した。艦底の大型部品に本体枠に填めるところは5mm以上のはみ出しがあり、ヤスリでかなり削る必要があるが、別の箇所は隙間ができるのだ。ヤスリで削るのは大変だったが、隙間部分にはパテ(グレー)を塗った。ついでに接合部全てにパテを塗って接着材代わりに使うと、かなり堅固に接合できた。

f:id:tthtty:20130505041427j:image:w300

上部の甲板接合時も前後の柱の位置に合わせてはめるのだが、前後にたわみが出て接着が厳しかった。こちらはパテで上手く行かなかったので、瞬間接着材を使った。何とかはめる位置を合わせて接着したが、甲板の前後の歪みは直しようがなかった。

f:id:tthtty:20130505041542j:image:w300

最後の仕上げにクレオスの水性トップコートを使ってみた。前に大和を製作した後に部屋に飾っておいたのだが、デカール部分が次第に禿げてくる感じがしたので、何かコーティングみたいなものがないか調べてみた。クレオスのトップコートがそれらしいと判ったので半光沢タイプを購入し、組み立てが完成しデカールを貼って乾いた後に、外に持って行ってスプレーした。まだ効果の程はわからないが、多少は利いてくれるだろう。

f:id:tthtty:20130504215836j:image:w200

「空母は甲板が命です。」というのが息子のアドバイス。特に白線と艦載機の出来が大事。白線はデカールだったので慎重にやれば、まずまず何とかできた。だが、艦載機は22機あるので手間が掛かった。日の丸のデカールだけでも、主翼の左右表裏と胴体左右の計6箇所あるので、6×22=132個の日の丸を貼らなければならない。車輪やプロペラを接着したり面倒だったが、ここで手を抜くとこれまでの労苦が台無しになりそうなのでじっくり進めた。

f:id:tthtty:20130505041720j:image:w300

約2か月掛かったが、初の空母プラモデルは、まずまずの仕上がりとなったと思う。甲板はかなり塗り直した。よく見ると、甲板の塗装の境界部のはみ出しや、色ムラなどがあるが、今回はこれが限界という感じ。

f:id:tthtty:20130505041800j:image:w300

この赤城。プラモデル店で3千円程度で買ったが、全長が58cmありお値段以上の迫力がある。三段甲板の名残で高い位置にある甲板がカッコいいと思う。高波に強いという実際的な効果もあったそうである。

このハセガワの1/450シリーズ。既にカタログからは姿を消しているようだが、間もなく1/450大和がリニューアルされて販売される。ハセガワのHPによると6/2販売開始予定で、定価は4,725円。精緻な部品で秀逸な製品と思われる。大和以外の赤城なども販売を期待したい。1/350は大き過ぎて価格も高いが、1/700では小さ過ぎるという向きには、1/600~1/450の手頃な価格の商品が増えて欲しいところ。(個人的な好みで、欲を言うとキリがないが。)

f:id:tthtty:20130505225816j:image:w300

これで潜水艦、戦艦、空母を製作したので、艦船プラモデルは、ひととおりやったことになるか。次に製作を予定しているプラモデルは、いささか変わったものを用意している。ニチモ1/500伊勢。ちょっと気合いの入るプラモデルだ。


1/450 日本海軍 戦艦 大和 (Z01)

1/450 日本海軍 戦艦 大和 (Z01)