ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

山田照明の可動式アームスタンドZライト購入

次男にニトリで机を買ったが(子供部屋の机をニトリのネット通販で買いました。 - つまらない日記 )、学習机のような照明付きではないので、机用に電気スタンドを購入することにした。ネット販売でデスクスタンドを探すと、今はLEDスタンドが主流のようだ。省電力で長寿命。確かに良いと思う。価格もこなれてきたようだ。家電量販店のリアル店舗でも見てみたが、色々な製品がある。しかし、いざ買おうと思うと躊躇ってしまう。

まず、高さが低いスタンドが多い。LEDスタンドは、どちらかというと、ちょっとした読書風といった感じの商品が多い。机で勉強するようなある程度の高さから照射し、広範囲を照らすような商品は少ない感じがした。また、いちばんの躊躇う理由は、明るさがよく解らないこと。従来の40W、60W電球といえば何となく解るが、現代の表示は(LEDに限らないが)lm(ルーメン)となっている。ネットでみる限りどの程度明るいのか解らず、リアル店舗の表示で485lm以上で40W相当のようだと漸く解った。E26口金というのも確認が必要。LEDスタンドは、電球不交換なので明るさを誤って買うと変更が利かないリスクがある。それで決めかねていた。

高い位置から照射するとなると、据置型スタンドでは限界がある。それで、可動型のアーム式スタンドを見てみた。LED電球は長いアームの商品があまり無く、価格もやや高めのようだった。安いのを探していると、普通の電球式のアーム式スタンドが手頃な価格であった。商品評価をみるとLED電球に取り替えて使用している人もいるようだった。また、明るさの設定は、電球を選ぶことで好みの明るさにできるとのこと。結局、山田照明のZライトに決めた。

商品が到着し、次男の机に設置したが、付属の電球が100Wなので明るい。アームが長いので好みの位置、高さに設定でき、カギ型の机配置でも一つで済みそう。電球のカサの部分が思ったより熱くなるが、取り敢えず快適に使用できる。時宜をみて好みの明るさのLED電球に替えようと思っている。実は併せて私のプラモデル用の安価なアームライトも購入した。ヤザワアームライト60Wで1,800円。商品評価によるとやや難点もあるようだが、プラモデル製作時に細かい部分の塗装や接着が暗くて難儀していたので、このアームライトで解決された。赤城の製作も捗るだろう。

アーム型は(固定金具を取り付ける場所に制限があるが)自在に位置を調整ができるので便利ということと、LED照明は交換型LED電球使用がお薦めというのが、今日の結論である。


Z-LIGHT Z-108 B ブラック

Z-LIGHT Z-108 B ブラック