ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

フジミ1/700シーウェイモデル(特)プラモデル重巡洋艦最上完成

小5の長男が「ニチモ30cmシリーズ(武蔵、信濃、翔鶴、金剛、ビスマルク)」、「雪風」、ウォーターライン「加賀」、「山城」、「荒 潮」、「ワシントン」完成後に取り掛かっていたフジミ1/700シーウェイモデル(特)プラモデル重巡洋艦最上が完成した。

f:id:tthtty:20130313080036j:image:w300

f:id:tthtty:20130312230131j:image:w300

f:id:tthtty:20130313233547j:image:w300

これは難易度が高かったようである。ところで、艦上機デカールを貼っていない。面倒だからということなのだが、長男にはこのくらいが程々といったところのようだ。この後は、長男はフジミ1/700シーウェイモデル(特)大鳳、次男はアカデミー1/350アドミラル・グラフ・シュペー、私はハセガワ1/450赤城が控えている。

f:id:tthtty:20130313074634j:image:w300
(フジミ1/700シーウェイモデル(特)大鳳

f:id:tthtty:20130313074715j:image:w300
(アカデミー1/350アドミラル・グラフ・シュペー)

f:id:tthtty:20130313074737j:image:w300
(ハセガワ1/450赤城)

しかし、ここで問題発生。プラモデルは、色々な意味で子供に良いと考えてやらせている。造形、色付、説明書理解、根気、丁寧などの習得に役立っていると思う。しかし、流石にやり過ぎた。あくまでも勉強第一でやっているが、プラモデルをやり始めると没頭してしまうもの。私も経験して解る。最近、長男がやや勉強を疎かにしているところが見受けられる。4月にピアノの発表があったりしてやることが増えるので、プラモデルは当分封印ということになった。まあ、これだけやれば充分だろう。(どうみてもやり過ぎ)私も年度末で多忙で風邪気味なので控えることにしている。