ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

宇宙戦艦ヤマト プラモデル メカコレクション ヤマト完成

小5の長男が「ニチモ30cmシリーズ」、「雪風」、「加賀」、「山城」、「荒潮」、「ワシントン」完成後にちょっと横道にそれて取り掛かった宇宙戦艦ヤマト・メカコレクション「宇宙戦艦ヤマト」を完成させた。これはプラモデル店で168円で売っているのを見つけて、取り敢えず購入した。このメカコレクションには、宇宙戦艦ヤマトに出てくる駆逐艦や三段空母など多くの種類があるが、ヤマトそのものは少々レアだと思っている。メカコレクションは一部ヤマダ電機でも売っていた。この価格なので、部品は少なめだが、接着剤で組み立てるプラモデルになっている。

f:id:tthtty:20130302134020j:image:w320
(懐かしい雰囲気の箱)

f:id:tthtty:20130302134159j:image:w320

f:id:tthtty:20130302134234j:image:w320

f:id:tthtty:20130302134131j:image:w320
(完成した宇宙戦艦ヤマト。飾り台も付いている。)

それなりに部品が入っていて、組み立てにも少々時間を要する。長男がオリジナルで黒鉄色で塗装した。小さいがなかなかの出来映えである。 侮れないプラモデルである。次のプラモデルは、訳あって次男が製作する予定であったフジミのシーウェイモデル特の重巡洋艦「最上」である。これは部品数が多い上に戦艦より一回り小さいことから部品も小さく、かなりの難易度で時間がかかりそう。