ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

プラモデル1/700ウォーターライン ワシントン完成

小5の長男が「ニチモ30cmシリーズ」、「雪風」、ウォーターライン「加賀」、「山城」、「荒潮」完成後に取り掛かったアオシマのウォーターラインシリーズプラモデル「ワシントン」を完成させた。これは、元々定価が1,600円と安くプラモデル店で手頃な価格で売っているのを見つけて購入したものである。ウォーターラインシリーズは、価格帯に幅があり、高いモデルは部品も多く精緻である。それと比較するとこのワシントンは、部品数は比較的少なめである。それでも大型戦艦なのでそれなりになるのがウォーターラインシリーズ。

f:id:tthtty:20130302131520j:image:w320

f:id:tthtty:20130302131550j:image:w320

次のプラモデルは、フジミのシーウェイモデル特の重巡洋艦「最上」。この「最上」は、小3の次男用に購入したもので、次男も作り始めていた。しかし、部品数が多い上に大型戦艦より一回り小さい重巡洋艦なので、かなり細かい組み立てが多くやや持て余しぎみであった。しかも次男は、宇宙戦艦ヤマトのメカコレクション6個と超大型戦艦を購入しており、寧ろそちらに関心が行っている。それで行政指導により、作りかけの「最上」は長男が引き継ぎ製作することとした。文句たれの次男も特に文句は言わなかった。意気込んで買ってはみたものの、やはり少々難しかったようだ。