ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

小5の息子が製作した1/350プラモデル駆逐艦雪風完成

小5の長男が約2週間かけてハセガワの1/350プラモデル駆逐艦雪風」を完成させた。三連休で作業が捗ったようだ。今回は初めてカラー塗装に挑戦した。かなり細かい部分もあったようだが珍しく根気よくやっていた。当然、まだ不出来なところもあるが、初心者にしてはまずまずの出来だと思う。

f:id:tthtty:20130213025230j:image:w320
(初の1/350プラモデルとして意気込んで購入)

f:id:tthtty:20130209224023j:image:w320
(水性ホビーカラーで塗装初挑戦)

f:id:tthtty:20130216103444j:image:w320
(何とか完成)

f:id:tthtty:20130216095827j:image:w320
(艦橋部分は細かい)

f:id:tthtty:20130216103443j:image:w320
(艦底色塗装にマスキングテープを初使用。意外と苦労したのはデカール。)

次に製作するプラモデルとして、アオシマのウォーターラインシリーズ「山城」を既に購入済みである。
f:id:tthtty:20130213025228j:image:w320
頑張った息子にはこう言ってやりたい。

「今回は、この難しい雪風のプラモデルをよく完成させた。大したものだ。塗装も初めてやってみて、多少上手くいかなかった箇所もあるが、チャレンジしたことが素晴らしい。その集中力はこれからも役に立つ。かなり精力を傾けたので疲れただろう。もし、疲れて少しの間プラモデル製作を休もうという気持ちがあるのなら無理をしなくてもいい。それでその時はそこの「山城」をお父さんに作らせてみるというのはどうだろう。いや別にお父さんに作らせろというわけではない。ただ、親がプラモデル製作を無理強いしていると思われるのはお父さんとしては不本意だ。少し考えてみていい。お父さんはいつでも相談にのる。」