ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

ひげ剃りはジレット派orシック派?

男性なら日々の生活の中でどうしても関わらなければならないものにひげ剃りがあるだろるう。面倒くさいが身だしなみとしてやらない訳には行かない。外出しない休日などは面倒なので剃らないこともあるが、基本的には毎日のことである。ひげ剃りの方式としては、大きく電気シェーバー派とカミソリ派に分かれると思う。

私はカミソリ派である。現在はジレットフュージョン・プログライドを使用している。その前はジレット・センサーエクセルを使用していた。センサーエクセルは約10年使っていた。上位商品が販売されても替え刃が高いのでなかなか移行できなかった。家には自宅用と出張用の2本のカミソリを用意しているが、ある時、使用頻度の低い出張用だけフュージョン・プログライドにしたところ、剃り味が大変良く、カミソリ負けも全く無くなった。それで自宅用もフュージョン・プログライドに変えた。替え刃は高いが長持ちするような気がするので、変える頻度は少なくコスト的には安いと思う。基本的に青系が好きなのでデザインも結構気に入っている。

センサーエクセルの前は貝印の安全カミソリを使っていた。安全という名の一枚刃なので、当然、カミソリ負けも多かった。初めてセンサーエクセルを使った時は、そのスムーズさに感心したものだが、顎のあたりが切れてしまうことがあった。フュージョン・プログライドには満足している。因みにフュージョン・プログライドには、フュージョン・プログライド・マニュアルとフュージョン・プログライド・パワーの2種類がある。パワーの方は摩擦低減モーター付きで単四電池を使う。替え刃もマニュアルとパワーの二種類あるので要注意。私はマニュアルの方を使っている。

ドラッグストアのカミソリの販売攻勢、ジレットとシックとカイはなかなか目立つので、新製品を試したくなる。新製品のお試しパックが安売りされていて、つい買ってしまい少々高い替え刃に移行するパターンである。所謂コピー機のような消耗品ビジネスである。私はジレットを使うようになってからシックの製品は使ったことがない。浮気はしない方なのか、ブランド力なのか一度決めると変えにくい何かがあるのかもしれない。昔のマーケティング関連の書籍にアメリカのジレットとシックのプロモーションの事例が出ていた。少数寡占の典型的な成熟市場のマーケットなのかもしれない。日用品であるが世界中で営業・プロモーションしているのかと思うとなかなか熾烈である。

ところで、電気シェーバーも一応持っている。昔から持っている人に貰った安いシェーバーの他に、7年くらい前にナショナル(現パナソニック)のラムダッシュ/ES8195を2万7千円位で購入した。シェーバーの中ではブラウンと共に定番の高価な方の製品だった。シェーバーの剃り味はカミソリに劣ると思っていたので、どうせ買うならいい製品にした。さすがに剃り味はなかなかのもので、今でもたまに休日のひげ剃りが面倒な時は使うことがある。こちらの替え刃の高価なことはジレットの比ではなく使用頻度も低いため、いつ替えたかも判らない状況になっている。やはりカミソリの方がシャキッとする感じがするが、これは個人差が有ることだろう。

ひげ剃りの話なんてつまらない話だが、前から一度投稿しようと思っていた。マヤ文明の暦による人類滅亡が来る前に思い残すことがないように投稿してみました。


ジレット フュージョン プログライド マニュアルホルダー 替刃2個付

ジレット フュージョン プログライド マニュアルホルダー 替刃2個付