ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

アコースティックギターを買いました。

数ヶ月前、家から程ない所にあるショッピングセンターが一部改装し、書店とCD・楽器店(CD店という名称は正しいのだろうか?)がオープンした。 このSCは、中規模の店舗で(法的には大規模小売店舗だが)駐車場も混み合っていないので、時折、時間潰しに行くのだが、小規模ながら書店ができたので見る売場が増えて良かったと思っていた。一方、CD・楽器店の方は、CD販売不振がいわれており、NTTドコモによるタワーレコードの子会社化、ローソンによるHMVの買収などネット販売への移行、大手資本の寡占化が進む中、SC内の店舗販売は厳しいかなと思わざるを得なかった。

ところで、話は変わるが以前からエレキギターが欲しいと思っていた。中学時代から洋楽を聞き、TOTOやデフ・レパード、ナイト・レンジャー、アルカトラズといったロック系に親しんで来た。(ロック系勝手にベスト10) 自分でもTOTOのスティーブ・ルカサーのようにエレキギターを弾きたいと思っていたが、中学・高校時代とギターは高価なこともあって買うまでは至らず、エアギターしかできなかった。 一方、初めて買ったアルバムはサイモン&ガーファンクルのセントラルパークコンサートであり、S&Gの主な曲は歌詞を暗記しているくらいの隠れS&Gファンである。

昨年くらいに何とはなしに楽天などを見ていると、初心者向きエレキギターセットが一万円未満であるのを見つけた。随分安くなったものだと思い、妻にそれとなく話すと、エレキギターは電気代がかかることと、子供が不良になったら困るからという現実的かつ情緒的な理由でダメ出しされた。私も是が非でも欲しいという程でもなく、買ったとしても左指で上手く弦が押さえられず匙を投げるのが関の山という予想もされるので、それっきりにしていた。

さて、先週、子供が書店でバトスピのカードを見たいというので、件のSCに行きフラフラしていた。件のCD・楽器店をみると壁面にギターが陳列されているのが目に入った。フラフラと店内に入り、値段を見てみるとエレキギターセットが12000円、アコースティックギターセットが8900円であった。安値のネット販売ほどではないが、このくらいなら買えるかなと 思って、商品を暫く見ていると、男性の店員が声をかけてきた。普段なら相槌をうって何となくフェードアウトするところだが、ちょっと関心があったので初心者なのだが手頃な値段ですねと話した。店員さん曰く、安い輸入品だけど店でチューニング・調整しているので初心者の方なら問題ないとのことだった。このエレキギターはアームが付いているかなどと素っ頓狂な質問をしてみた。この所謂フェンダー系の商品はアームを外しているが付属であることや、別の所謂ギブソン系の商品は音を2カ所で拾うので音の厚みがあることなどを説明してくれた。アコースティックギターエレキギターどちらがいいか迷っていると言うと、どのような曲を弾きたいと思っているか聞かれた。いよいよ核心に触れて来たと思ったが、全くの初心者にも関わらず臆面もなく思い切って言った。私「アコースティックギターポール・サイモンも弾きたいが、エレキギターでスティーブ・ルカサーも弾きたい。」店員「よく分かります。私はどちらも生の演奏を聴いたことがあります。」この時、この店で買うことを心の中で決めた。が、その日に買うのは衝動買いが過ぎると思ったので、買わずに帰った。

先週末、子供のことで少々残念な事があった。別に困ることではないのだが、これまで頑張って来たことが思うような結果にならなかった。家族で少々落ち込んでいると、妻がお父さんのギター(アコースティックギターに限る)を買いに行こうと言い、急遽買うこととなった。
f:id:tthtty:20120906063548j:image:w200
教則DVDも付いていて、寝る前の1時間くらいに練習をしている。分からないことはネットで調べている。チューニングの機械も付いていて、各弦の合わせ方も分かった。よく判らないが、アコースティックらしい結構いい音だと思える。ドレミファソラシドを覚え、家にあった童謡の本を見て大きな古時計など弾いている。コードは指が痛くなって難しいが、E、C、Dなどは音が出るようになってきた。左手の指の皮も少し厚くなってきたように思える。ポール・サイモンの曲にチャレンジするには、暫く掛かりそうであるが、思ったより何とか出来てもう少し続けられそうだ。それにしても、40歳を過ぎてからの「ハマり癖」。まだ止まりそうもない。