ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

2012春 釣果報告

小学5年と小学3年の息子と港の防波堤に釣りに行った釣果です。今年の春は週末の天気が悪かったりで釣行も少なく、結果も今一つでしたが、久しぶりにまずまずの釣果でした。いずれも息子が釣った魚。

まずはアイナメ40cm
f:id:tthtty:20120617145340j:image:w300

ソイ34cm
f:id:tthtty:20120617154618j:image:w300

その他こんな感じです。
f:id:tthtty:20120617150225j:image:w300

こんなのも釣れました。フサギンポ40cm
f:id:tthtty:20120617071039j:image:w300

私は釣りをせず、フィッシングサポートセンター?のオペレータ(軍師)に徹しています。戦果をあげるために、敵(魚)の動向情報収集、釣り場選定、エサ(イソメ、カツオ)・ブラー・ブラクリ・ジグヘッドなど兵站の確保、天候情報収集、進軍・撤退の判断と時間管理、安全の確保、兵の移動(クルマの運転)、撮影・記録、釣魚の保管(活かしバッカンとキャッチ&リリース)、エサ・ブラー・ブラクリ・ジグヘッド交換サポートなどを行っています。遠征時に一時的に雨に見舞われた時は、スマホ(グーグルマップ)で付近のボウリング場カラオケボックスなどを探し、子供を楽しませながら天候の回復を待つという作戦もあります。最大の仕事は、大物がかかったとき、最長6.3mまで伸びるタモ網で防波堤の上から魚をすくって取り込むことです。自分も釣りをすると上記の作業ができずに苛々してしまうので、サポート役に徹しています。
[rakuten:point:10256108:detail]

広告を非表示にする