ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

「スマホが無くてもパソコンのEvernote利用で名刺管理は可能」の巻

スマホを購入して文字入力方法に悩んだが、もう一つテーマがあった。名刺管理をどうするかということである。仕事で戴く名刺は、以前はファイルに分類して保管していたが、キングファイル一杯になり、その後も増大し続けるため整理するのを諦めて、大まかな分類毎に束ねて置いている状態である。

スマホ購入を契機にこの放置された問題に取り組もうと以前から考えていた。(スマホがないと名刺管理はできないという先入観があった。)購入後、まずは名刺管理アプリを調べてみた。当初は、名刺管理アプリはAndroidで数多くあるようなので、その中からできれば無料のものを選べばよいと考えていた。ところが調べてみると画像データとして保管する機能のみのアプリが多かった。これはこれでよいのだが、やはり検索機能が欲しかった。これらのアプリは、検索キーワードを手入力する必要があり、やはり簡易なものでよいのでOCR機能付きのアプリがよいと思った。

ところが、OCR機能付き名刺管理アプリは、実はそう多くはなく、主要なものとしてbizcardroidとCamCard(名刺認識王)があるようだ。無料版は枚数制約があるので、数百円の有料版でもよいと思ったが、Android Marketをみると(よくあることだが)、動作の安定性が今一つという記載が散見された。これから何百枚も名刺を読み取ろうと思っているので、アプリの信頼性が気になった。かといって入力に手間をかけるのは面倒なので、多少不完全でも検索機能はほしい。何か他にないか検討することとした。

Evernoteで名刺を管理しているという情報はネット上にたくさんあったが、みなスマホ絡みのネタだと思っていた。しかし、よく読むとパソコンで管理する趣旨の情報もあった。初めOCR機能の有無がよくわからなかったが、画像データをアップロードする際にOCR機能が働き文字検索もできるようなる(らしい)ことがわかった。名刺管理といっても、要はデジカメで撮った画像データをEvernoteのノートに取り込むというだけである。実際にデジカメで撮った画像データをアップロードし、文字検索をしてみると写真の解像度が低くても、まずまず文字認識してくれて検索結果が表示される。

これで「いい」と思った。よく考えてみると、デジカメで撮った画像データをEvernoteにアップロードするのであれば、取り込みに際してスマホは必要ない。デジカメとSDカードからパソコンによってEvernoteに取り込めばよいだけである。つまり、パソコンで十分、名刺管理はできると思った。スマホは、外出時に検索できる、名刺をもらった直後に登録できるという意味で便利だということで、スマホがなくても名刺管理はできるのである。(当たり前のことを言っているだけなのだが、石頭の私は理解していなかった。)

写真データの解像度を落とせば、Evernote利用で名刺管理ができそうだ。スマホ不要とはいえ、スマホだと一連の作業が一つでできて便利には違いない。この名刺管理の実現でスマホを購入した言い訳も、もう一つできそうだ。



[asin:B0018HGXFK:detail]