ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

ニフティ通信(昔話)

インターネット黎明期の平成8年頃にニフティ通信に加入した。インターネット普及前のニフティ通信の後期であり、特にヘビーユーザーというわけではなくメールもあまり使っていなかったが、いくつかのフォーラムには参加していた。このフォーラムは、ご存知の方も多いと思うがニフティ側で整理したテーマ毎に登録・閲覧・投稿するものであった。形式は今の2ちゃんと同じである。各フォーラムには管理人なる方がいて、投稿削除、過去レス参照指導、テーマ違いの指摘などを行っていた。

フォーラムのクルマの中にスバルというコーナーがあり、フォレスターという車種が出たときに、フォレスターの今でいうスレッドが立ち上がった。私はこのフォレスターを販売開始後の平成9年にぎりぎり消費税3%で購入したので、早速フォーラムに「購入しました!」みたいな投稿をした記憶がある。間もなくして、九州の方からメールが来た。(確か居住地方は登録するようになっていたと思う)フォレスター購入時に値引きはいくらか参考に教えてほしいというものであった。私は、早速、本体、値引き、付属品、諸費用まで詳細な内訳をメールで送り返した。お礼の返信があり、その後、クルマのことなど2、3メールをやり取りしたことを今でも覚えている。

関心のある一つのテーマについて、全国の知らない人と交流して有効な情報を得ることがSNSの一部であるならば、これが私の初めてのいわゆるSNSの経験だと思っている。ニフティ通信は、いわゆるオタクのツールという感じもあったので、参加者も世間全般から見れば少なかっただろうし、登録者の(一応の)信頼感をベースに発言しやすかった気もするが、いわゆる「炎上」の予兆もあった。あれから15年。時代は変わりFacebook、ツイッターなどSNSが普及し、私もはてなでブログを書いている。申し訳ありませんが一言いわせてください。「15年前からSNSやっています。」



[rakuten:sportsman:10228923:detail]