ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

無線LANを導入する。

我が家のメインのパソコンは、TVチューナー、ブルーレイを搭載したいわゆるオールインワンパソコンです。1年前にお決まりのフレッツ光同時加入5万円引きという特典に観念し、光契約とともに購入しました。それまでは、平成14年1月に購入した(今は亡き)ソーテックのPC STATION S2100xp-L5(CPU:1GHz、メモリ128MB、HDD20GB)というCRT17インチのWindows XPパソコンを使ってきました。このソーテックPCは、Windows XP黎明期から9年間YahooADSLと共に我が家のPCネットライフの礎を築き、この間ハードディスククラッシュに伴う100GB内蔵HDD交換のほか、256MBメモリやIEEE1394ボードの増設など逐次設備投資に努めてきましたが、動画コンテンツの増加やWindows Updateフリーソフト等によるメモリ負担の増大により動作が極めて遅くなりイライラが頂点に達していました。

パソコン買い替え後のソーテックPCは、とりあえず生きた化石となった17インチCRTディスプレイとともに音楽CDプレイヤー、将棋ソフト専用機として我が家の2階でネット激戦の第一線から退き、静かな余生を歩んでおりました。

今年の正月休みにスマホタブレットが欲しいと思ったのですが、お金もかかるのでどうしようとモヤモヤ考えていたところ、無線LANルーターが安く売っているのを見つけ、とりあえず無線LANを導入して、ソーテックPCを再活用することを思いつきました。

無線LANは初めて導入するので設定にかなり苦労するだろうと予想していました。特につなげようとするのが、10年前のWindows XPのPCの上に、USB1.1なので、ダメでもしょうがない。ダメな時は、そのうちタブレットでも購入して使おうと思っていました。

ところが、接続してみると一発でインターネットがつながりました。いや~感動しました(笑)。
親機は、フレッツのルーターの差し口にケーブルをつなげて、電源を入れ、子機設定中にAOSSボタンを押すだけ。子機は、付属のCDのインストール手順のとおり(カスタムを選ばずに)設定しただけ。

10年前のソーテックのWindowsXPパソコンが見事に復活したのでした。(続く)

BUFFALO おまかせ節電 11n/g/b対応 無線LANルーター Air Station セット(USB) WHR-G301N/U

BUFFALO おまかせ節電 11n/g/b対応 無線LANルーター Air Station セット(USB) WHR-G301N/U