ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

Windows上のGoogle Chromeにスマホアプリのメニューを集約する。

Google ChromeGoogleサービスとスマートフォンで提供されている各アプリのPC版を集約して、Windows上でAndroid OSのスマートフォンのアプリを利用しやすいように設定してみました。スマートフォンを購入したがWindowsPCとの連動の操作がしっくりとこない方の参考になればと思います。

作成したGoogle Chromeツールバーは次のようなイメージとなりました。
(クリックで拡大)
f:id:tthtty:20120125232008j:image
ブックマーク(お気に入り)にGoogleサービスを追加し、ツールバーに表示しただけです。ログイン登録をして各Googleサービスを追加後はevernote、picnik、box、picasa等の無料アプリをChrome web storeから追加し、ブックマークに追加しました。
Google Chromeのブックマークは、初期設定ではツールバーに羅列されるようになっているので、よく使用するブックマークを上位にすると常時、表示できるようになります。その他の(下位の)ブックマークは、プルダウンで選択します。
Googleサービスは、「もっとGoogleサービス」に一覧がありますが、ブックマークに追加したサービスと追加したアプリは次のとおりです。
Googleダッシュボード
iGoogle
Google+
Gmail
Googleリーダー
Googleドキュメント
Googleサイト
Googleブログ
Googleニュース
Googleマップ
Googleカレンダー
picasa(画像管理アプリ)
Google翻訳
Google Web Store(Google無料アプリのサイト)
・box(5GBまでのクラウドサービス)
evernote(お馴染みのメモアプリ)
・picnik(画像編集・加工アプリ)
・その他
facebookyoutubenavitimeamazon、YahooなどのURLをブックマークし、アイコンだけを表示。

各アプリ・サービスにワンクリックで移動できるので少し便利になるかなと思います。
Google Chromeはブラウザとしては、インターフェースがやや物足りない感じがしましたが、アプリのプラットフォームとして使うと悪くないなと思います。