ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

レックスカード(REX CARD) ポイント1.75%の高還元率クレカ

これまでクレジットカードは、ゴールドのビジネスカードを使っていた。空港のラウンドが使用でき、 ポイント還元率は0.5%と一般的だが、多少はプレミアム感もあるので特に不満はなかった。昨年末に偶々「最強クレジットカードFile」なる雑誌を買って読んでから、クレジットカードと電子マネーに注目するようになり、ベストチョイスが何か追求するようになった。

初めは調べるだけのつもりだったが、次第に現在保有しているゴールドビジネスカードとは別にクレカを作ろうと思うようになった。クレカの決め手の一つはポイント還元率。基本還元率は、リクルートカードプラスの2.0%を筆頭にいくつかあるが、ジャックス系の漢方ライフスタイルカードとレックスカードが還元率1.75%で良いと思った。

リクルートカードプラスはJCBのみでポイント使用がリクルートのサービス等に限定されるが、漢方ライフスタイルカードやレックスカードはJデポといって翌月のカード決済からポイント分が値引きされる仕組みで効率的である。年会費は有料だが、年間利用額によっては無料になる。

レックスカードは年間50万円以上利用で年会費が無料になる。カードのデザインもレックスカードの方がブラックで好みである。漢方ライフスタイルカードはnanacoチャージにポイントが付与されることが魅力だ。

電子マネーとの関連では、レックスカードはモバイルSuica(年会費有料)チャージにはポイント付与される。nanacoEdyはチャージ可能だがポイント付与はない。その中でドコモの電子マネーiDのうちDCMXmini(月額1万円まで)なら、ドコモの月次請求で支払いとなるのでクレジットカードのポイント対象になる。

ということでクレジットカードと電子マネーのベストチョイスはレックスカードとIDのDCMXminiの組み合わせだと思う。