ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

バスケットボールのコミック・漫画(黒子のバスケ、スラムダンク、リアル、ダッシュ勝平)

長男が中学のバスケ部に入ってからバスケットボールへの関心が高まり、先ずは「黒子のバスケ」を読んだ。私も読んだが、アシストの天才というこれまでとは異なる主人公の設定が独自で面白かった。それから、バスケットコミックの金字塔でテレビで再放送している「スラムダンク」を録画して観るようになった。併せてコミックも中古品を買い集めている。こちらは昔ながらの根性もので私はどうも馴染みにくいのだが、息子達は熱狂して楽しんでいる。やはりアツくさせるパワーのあるコミックだ。個人的にはバスケットボールのコミックとして思い出すのは「ダッシュ勝平」。ストーリーは忘れたが中学生の頃少し読んだ記憶がある。あと「スラムダンク」の作者である井上雄彦が書いた車椅子バスケの「リアル」は、まだ読んでいないが感動の名作のようだ。