ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

ニッカ アップルワイン 甘くて美味しいウイスキー

この前、家で飲む飲みやすい日本酒として「北の勝」のことを記したが、飲みやすいウイスキーとしてニッカの「アップルワイン」がある。NHKのドラマ「マッサン」でニッカのウイスキーが注目されているが、ウイスキーというとややキツいイメージがあり、飲みやすいウイスキーというイメージはあまりないかもしれない。しかし、この「アップルワイン」は、見た目もウイスキーの色をしているが、味は甘いブランデーといえる不思議な商品である。 名前からして「ワイン」となっていてウイスキーではないのだが、 度数はそれなりなので 「北の勝」同様に 、仕事から家に帰って小さなグラス一杯飲んでいる。

ウイスキーは、学生時代にカフェバーなるものが流行った頃は、多少飲んでいた。やれバランタイン12年がいいとか、カナディアンクラブ、シーバスリーガルのど銘柄で格好付けて飲んでいた感じである。その頃からウイスキーはロック派で、今でもスナックや飲み放題は別として、単品で頼む時は必ずロックで頼む。しかし、家でも外でも飲むことが減って暫くウイスキーを飲むことも少なかった。最近家で飲む習慣があり、日本酒、ワインを飲んでいるがウイスキーはキツいので飲んでいなかった。

北海道余市町のニッカ工場に行った時に、この「アップルワイン」のことを知りワインと思い買って見たところ、甘口のウイスキー風で飲みやすく気に入った。価格も高くはない。ニッカはウイスキー製造の傍ら資金確保のためにリンゴジュースを製造していたのは「マッサン」の放送で知られるようになった。その歴史とともに重厚な瓶入りの「アップルワイン」を嗜むのもなかなかオツである。