読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

サスペンダーの活用

隠れ肥満の悩みとして立っている時と座っている時の下腹部の張りの違いで、座るとズボンがきつく感じることである。私服では腰にゴムが入ったズボンなどを穿くことができるが、それでもジーパンやチノパンは、ベルトをして座る度にベルト穴を一つ調整したりしている。増してや仕事のスーツでは、ベルトは必須なため座る度にベルト調整が面倒であるが、きつくしたままだとお腹が張って気分が悪いし、緩くすると立った時にズボンがずり落ちる感じがする。
先日、雑誌を読んでいると、スーツのスリーピースではサスペンダーを使うべしという記述かあった。それでサスペンダーを使うことを閃いた。早速、アマゾンで購入した。ポイントは幅が広い方が方への負担が軽減できて、ホールド感も高まる感じがする。また、YタイプよりXタイプの方がホールド感が良いようである。スーツやチノパンでも使用できるので重宝する。特に立ったり座ったりが多い、仕事やクルマの運転の時は良い。立っていると多少肩に負担がかかるので、立っている時間が長いときはベルトの方がよいかもしれない。