読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベストチョイスシンドローム

あらゆることに対して最適化を目指す最良選択症候群

お手頃な国産メーカーのクロノグラフ腕時計

ファッション雑誌や経済誌などをみると、最近は景気がよいのかハミルトンやらカルティエやらセイコーなどの数十万円から百万円の腕時計の広告が目立つ。イメージ優先の広告で実際に買う人はそういないと思うが、実際世の中お金持ちがいるのかもしれない。今はセイコークロノグラフの腕時計をしている。ブルーの文字盤でケースのボリューム感もあり満足している。ネットで購入したが価格は1万円くらいだった。このくらいが身分相応である。
国産も数十万円の品もありピンきりだが、探すとお手頃な商品もある。セイコーシチズン、カシオ、オリエントの1万円台のクロノグラフならパッと見は安いと分からないかもしれない。老後貧困の時代、それなりの価格の商品に抑えて、例え金利が無くても老後に向けて貯蓄に励んだ方が良さそうだ。